MarkeZine(マーケジン)

記事種別

強まる日本発ブランド価値の下落傾向、H&Mのブランド価値はユニクロの6.3倍

2010/01/29 12:10

強まる日本ブランドの下落傾向

 今回で2回目となる「Japan’s Best Global Brands 2010(日本のグローバル・ブランドTOP30)」はグローバルな事業展開を行う日本発のグローバル・ブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランク付けしている。インターブランドは、1999年からグローバルのトップ100のブランドランキング「Best Global Brands」を発表しており、日本のブランドの世界的なポジションを確認することができる。

 今回発表されたランキングでは、日本のブランドTOP30のうち24のブランドが価値を落とし、ブランド価値の合計金額についても前年比-2%下落。前回ランキングでは、価値が下落したブランドは16だったこと見ても、日本ブランドの価値下落傾向は否めない。

Japan’s Best Global Brands 2010

 しかし、厳しい経済状況の中、ASICSは世界的なマラソンブームを背景に、次々と施策を打ち出し、22位にランクアップ。また、Shimanoは、自転車文化の象徴でもあるロードレースでの評判の確立し、欧州市場で高い評価を獲得して27位にランクインしている。

躍進が期待できるユニクロと楽天のブランド価値は?

 今回、ランキング選定基準の1つである「海外売上高比率が30%」に満たないため選考外となったが、発展が期待できるブランドとして、Nomura、UNIQLO、Rakutenの3ブランドの価値を算定。グローバルの競合ブランドとの距離を確認した。

「Japan's Best Global Brands 2010」ランクインブランドとの比較

 このうち、UNIQLOのブランド価値は24億4300万ドルと算定され、日本ブランドのランキングでは9位に入る価値を生み出している。グローバル・ブランドと比較すると、同業態のH&MはUNIQLOの6.3倍、Zaraは2.8倍、Gapは1.6倍という状況で、高い成長力によってこれらのブランドとの差を詰める可能性も出てきた。

ブランド価値の国際比較(UNIQLO)
データは「Japan’s Best Global Brands 2010」と「Best Global Brands 2009」の比較

 また、Rakuten(楽天)のブランド価値は11億3100万ドルと算定され、日本ブランドでは17位。グローバル・ブランドと比較すると、GoogleはRakutenの28.3倍、eBayは6.5倍、Yahooは4.5倍だが、インターネット関連ブランドの価値成長率は他業種に比べて非常に高い傾向にあることから、グローバルへの拡張に成功すれば、急速にブランド価値が高まる可能性がある。 

ブランド価値の国際比較(rakuten)
データはJapan’s Best Global Brands 2010とBest Global Brands 2009の比較

【関連記事】
国内ブランド評価でユニクロが躍進、トヨタはトップ10陥落
ブランド評価で楽天とYahoo!に明暗、「楽天」王朝時代が到来?
楽天と百度、中国ショッピングモール事業で合弁会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5