SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

モバイル・ソーシャルゲーム「有料でも利用したい」は4.2%

 スパイアとシーエー・モバイルが2月に行った調査では、3369名(男性42.3%、女性57.4%)から回答を得た。mixi、GREE、モバゲータウンなどのSNSのコミュニティ向けに提供されている「ソーシャルゲーム」の利用経験者は、全体の67.9%となった。

モバイルのソーシャルゲーム利用経験

 ソーシャルゲームの特徴のひとつが、SNS上の友人を招待できる機能。利用経験者のうち「招待したことも招待されたこともある」人は32.8%に達している。

「招待」に関する経験

 また、最も多い利用シーンは「夜寝る前」で5割を超えている。全体にちょっとした空き時間に利用する人が多いことから、利用時間については「20分未満」と回答した人が6割近くに達している。

(左)ソーシャルゲームの利用シーン(上位5位)
(右)ソーシャルゲームの利用時間

 また、ソーシャルゲームの今後の利用意向は、「無料であれば利用したい」が圧倒的に多く8割弱で、「有料でも利用したい」との回答は4.2%にとどまった。このように「ソーシャルゲームによる有料課金」は、一部のヘビーユーザーに支えられており、この層をいかに獲得するか、またライトユーザーをいかに取り込むかが今後の課題となりそうだ。

【関連記事】
Facebook最強ゲームアプリ「FarmVille」ユーザーの反応の速さと広告効果
アメーバピグの英語版「AmebaPico」スタート、Facebookアプリも展開
mixiアプリ効果で、mixiユーザーの総利用時間が急増

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/03/08 16:45 https://markezine.jp/article/detail/9797

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング