SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

著者情報

伊藤 友治(イトウ トモハル)

株式会社インテージ 事業開発本部 先端技術部
製造小売業、専門商社を経て、インテージに入社したデータサイエンティストです。主にマーケティング課題解決に対して、所謂データサイエンスの力でお手伝いしてきました。現在、画像解析系のAI技術をマーケティング領域で利活用すべく、いくつかのプロジェクトを担当しています。関連するフォーラム等へ足しげく通い、なるべく最新の情報についていくべくリサーチにも力を入れています。

執筆記事

  • パッケージデザイン完全自動生成の可能性

     世の中には多種多様な消費財が溢れているが、そんな消費財のパッケージデザインを自動的に生成することはできないのだろうか? これまでのパッケージデ...

    0
  • テレビ中継での広告露出と視聴反応の可視化

     広告を出稿しても、どれだけブランドが視聴者に届いたのかがわからず、正確な投資対効果を把握できないという課題を抱えた現場も多いのではないでしょう...

    0
  • マーケ人材不足を救うか 深層学習の最前線

     マーケターの業務には人による“判断” が欠かせない。しかし人材には限りがある中で、デジタルツールを用いてその“判断” を削減していくために注目...

    0

3件中1~3件を表示

戻る