SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ツイッター創設者が始めた、iPadやiPhoneで誰でもクレジットカードの小額決済を利用できる「Square」

 Squareにサインインして住所を登録すると、無料で小さなカードリーダーとステッカーが送られてくる。このステッカーを店舗に貼っておくとSquareが利用可能であることを示すことができる。手のひらに乗るような小さなカードリーダーのジャックをiPadやiPhoneなどの端末のオーディオ入力に差し込めば、顧客のクレジットカードの情報を読み取ることができる。また、Squareは、決済に関連した最低限の手数料以外は、まったく費用がかからないため、導入のハードルは非常に低くなっている。

Sqaureのサイトで紹介しているサービスの使い方
この小さなカードリーダーでクレジットカードの情報を読み取る

 しかし、Squareが提供するのは、単なる決済機能にとどまらない。よく訪れるコーヒーショップでSquareを利用すると、ショップ側は利用者が何回目の訪問かを把握し、9回カプチーノを飲んだ人は10杯目がタダになるといった特典を提供することもできる。また、ウェブで閲覧可能な利用明細は買った商品の写真も添えられ、何を購入したかがわかりやすいだけでなく、その商品を友達に勧めることもできる。

 Squareは、Twitter社の創設者の1人として知られるJack Dorsey氏がCEOを務めている。Squareは、iPad、iPhone、iPod touch、Android端末で利用可能となっているが、今後さらに対象機器を増やすとしている。

【関連記事】
iPhoneをぶつけてお金を送る、PayPalの送金アプリ
米スマートフォン市場、AndroidがiPhoneを抜いて2位に
ラジコのiPhoneアプリが登場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング