SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メディア制作者の6割がツイッターを利用
「ソーシャルメディアをネタにしたことある」5割

 PR TIMESは、メディアで企画・編集・制作などにかかわる男女90名(27~61歳、平均キャリア12年)を対象に6月にアンケートを実施した。対象者がたずさわっているメディアは、インターネットがもっとも多く、雑誌、新聞、フリーペーパー、テレビ番組、ラジオ番組などが続いている。

 情報源としてのインターネットについては、最新の情報を入手できる点で最も評価されており、全体の6割が必ず情報収集で利用している。利用しているサービスは「検索サイト」が1位で、「ブックマークしている特定サイトの閲覧」「特定サイトのRSSフィード登録」などが続いている。特にウェブメディア担当者では「ブックマークしている特定サイトの閲覧」が72.0%と非常に高くなっている。

ソーシャルメディアの情報をもとに記事または番組を制作することはあるか

 「ブログ」や「SNS」などのソーシャルメディアについては5割以上の人が記事や番組制作のネタ元としており、そのほとんどは、企業サイトの情報を組み合わせての利用となっている。また、ツイッターの利用者は全体の6割に達しており、仕事・プライベートともにWEBメディアのほうがリアルメディアの担当者よりも利用率が高くなっている。しかし、ツイッターを仕事の連絡手段としている人は、リアルメディア担当者のほうが多く、それぞれのメディアで活用方法に違いが見られた。

「リアルメディア vs WEBメディア」媒体比較
ツイッターの主な活用方法

【関連記事】
DeNA、ソーシャルゲームの好調で過去最高益
Facebookユーザーが5億人を突破
iPhoneユーザーが最も利用しているソーシャルサービスは「ツイッター」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/08/04 19:45 https://markezine.jp/article/detail/11209

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング