SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google Analyticsがレポート形式を一新、「マイレポート」機能を追加

 グーグルは5月8日、Google Analyticsのレポートインターフェイスの最新バージョンのリリースを発表。旧バージョンのインターフェイスを継承しつつ、一歩進んだデータ活用のための新機能が追加された。主な改善点は以下のとおり。

 ・必要な情報を新機能「マイレポート」に登録して、必要な情報だけを一括管理。
 ・レポートのメール送信、レポートのPDFファイル形式でのエクスポート。
 ・任意の対象期間を選択して一定期間のデータが比較可能に。
 ・用語解説を含む「ヘルプ」と「Conversion Universityヒント」を、すべてのレポートで提供。
 ・AdWordsとの地域データの共有。

 特に注目なのは、「マイレポート」機能。従来の、プロファイルごとにレポートを制限する機能は廃止され、新たにカスタマイズ可能な「Google Analytics マイレポート」が追加された。

新しい「マイレポート」画面。このレポートを他のユーザーにメール送信することもできる。

 アカウントを持っているユーザーは、自動的にアップグレードが行われるため、最新バージョン利用の際は、ログイン後、プロファイルの横にあるか「レポートビュー」リンクをクリックするだけ。今回はインターフェイス面のリニューアルにとどまり、各ユーザーのレポートデータや設定はリニューアルの影響を受けない。旧バージョンのデータが最新バージョンのどこに表示されているかを調べるのために、レポート検索機能も用意されている。また、グーグルは、最新バージョンの利用環境として、Flash 7以上を推奨している。

「Google Analytics がもっと使いやすくなりました」(AdWords 日本版 公式ブログ)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 17:33 https://markezine.jp/article/detail/1149

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング