SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

織田浩一の近未来マーケティングガイド

MySpaceを脅かすのはどこだ? ~ソーシャルネットワーク戦国時代の兆し~

日本でもmixi上場のニュースが流れるなど、いまソーシャルネットワークは次代のインターネットを担うサービスとして注目を浴びている。一方、米国ではソーシャルネットワーク同士の激しい競争が新たに起こっているようだ。今回は戦国時代へと突入したソーシャルネットワーク業界の勝ち組はどこになるのか? 考察していきたい。

トラフィックがYahoo!を超える

 MySpaceはついに7月1日からの1週間でYahoo!を超えてWebサイトトラフィックでトップになり、8月頭には1億人のメンバープロファイルを記録し、今も毎週50万の新しいメンバーが増えているという。ところがその同じ時期に、イギリスでMySpaceのトラフィックを別のソーシャルネットワークサイトBeboが一週間ほど抜いたというニュースが入ってきた。FriendsterからMySpaceへというシフトが起こった後であり、またFacebookTagworldなどの新規参入者も話題になっている。

Bebo

 前々回では、MySpaceに対して逆風が吹いている現状をお知らせしたと思う。Myspaceは自由度が高くティーンに広く指示されてFriendsterを一気に追い抜いてしまったものの、思想的に保守派で競争心の激しいメディアコングロマリットのNews Corpに買収された。

 また、ソーシャルネットワークによる性犯罪などのニュースが取り上げられたり、議員がアクセスを規制する法案を提出したり、Myspaceからアーリーアダプター的なティーンたちが離れているという話も聞かれる。「その代わりになるのでは?」と、いま話題になっているのがBeboである。

 サンフランシスコをベースとするBeboは現在、2200万人のメンバーがいる。Myspaceなどと同じように、BeboTVと呼ばれるビデオ共有機能や音楽共有、ブログなどの機能を持ってる。ビデオに関しては、YouTubeのフラッシュビデオやオンラインビデオ編集機能を持つVideoEggの使用できるようになっていて、将来的には自らビデオサービスを出していく可能性もあるようだ。MySpaceと違う点は、MySpaceが自らのブランドのインスタントメッセンジャーを提供しているのに対し、BeboではSkypeとインテグレートしており、オンライン状態かどうかが、Skypeを使ってわかるようになっている。

 そして、この7月にBeboはBebo Bandsという機能を付け加えた。これはバンドを1つのメンバーとして扱えるようなページを用意し、各メンバーはそのページの4つに分割されたパネルに収まるというものである。さらにグルーピーと呼ばれるファンをリストする機能も用意されている。音楽共有サイトとして始まり、インディーズバンドが自分たちをプロモーションするのに使ってきたMySpaceから人気バンドを奪いたいという意図が感じられる。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
MySpaceに忍び寄る影

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
織田浩一の近未来マーケティングガイド連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

織田 浩一(オリタ コウイチ)

デジタルメディアストラテジーズ社代表、アドイノベーター編集長。 広告・メディアビジネスコンサルタント。米シアトルを拠点とし、欧米の新広告手法・メディアテクノロジー・IT調査・コンサルティングサービス、記事執筆、講演を行っている。最近では有力ブログをネットワークするAgile Media Networkの立ち上げに関与した。監修書に「テレビCM崩壊~マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2....

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング