SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

違法投稿者とのイタチごっこに終止符、米MySpaceが削除されたビデオを再投稿させないシステムを導入

 米MySpaceは、映画やテレビ番組、プロモーションビデオなどの映像作品の著作権保護のために、Audible Magicが開発した「Take Down Stay Down」と呼ばれるシステムを導入した。このシステムは、著作権者の要請によって削除されたビデオを再ポストするのを防ぐことができる。これによって、ビデオ投稿サイトで幾度となく繰り返されてきた、投稿と削除の連鎖に終止符をうつことができる。

 「Take Down Stay Down」は、次のようなステップで再投稿を防止する。まず、著作権者がMySpace Videoのコーナーで不正に投稿されたビデオを見つけたら、MySpaceへ通知する。MySpaceはそのコンテンツを削除するだけでなく、Audible Magicの技術によってデジタル指紋を作成し、コピーライトフィルターに追加する。これによって、削除されたビデオを再アップロードしようとしても、それを防止することができるという。

 世界中からビデオがアップロードされる大手サイトは、こうした無許可のコンテンツのアップロードによる著作権の問題に悩まされており、YouTubeもそうした対策をとることを明らかにしているが、まだ導入にはいたっていない。

プレスリリース:"MySpace Launches "Take Down Stay Down" Copyright Protection"

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/26 18:09 https://markezine.jp/article/detail/1170

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング