MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オプトとcci、オーディエンスデータ共通化で提携

2010/10/21 13:05

 「OpenDPF(オープンデータプラットフォーム)構想」は、米国で浸透しつつある「オーディエンスターゲティング」の概念に基づき、インターネット上のオーディエンスに関わるマーケティングデータを共通化してオープンなプラットフォームとして提供することを目指している。

 今回の提携によって、cciの運営するオンラインアドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」にオプトの広告商品「プレミアム オーディエンス ターゲティング」を配信する。また、オプトとcci 共同でさらなるOpenDPF 構想に対応した広告の商品開発を進める。

 また、オーディエンスデータの運用にあたっては、総務省によって策定された「事業者に一定の配慮を求める原則集(配慮原則)」に基づいてポリシーを定め、利用者の安全性確保に対する措置を行うとしている。

【関連記事】
PCアドネットワーク市場は13年に1000億円、オーディエンスベースの広告売買で流通に変化
オプト、日本初の「オープンデータプラットフォーム構想」を発表
cci、アドエクスチェンジサービス「OpenX Market Japan」スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5