SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

動画マーケティング最前線(PR)

マルチデバイス、マルチチャネル時代の本格到来
「Brightcove 5」で他社に先駆けた動画マーケティングを実現せよ

 Webマーケティングを劇的に改善する新たな施策――。アクセス解析、SEO、LPOなどの施策で頭打ちを感じているのなら、次はぜひ動画を試してみてもらいたい。動画先進国のアメリカではCVRが数倍に跳ね上がる事例も登場し、日本でも楽天、日経新聞などが導入済み。導入までの費用・手間が気になるところだが、そこもSaaS型のソリューションに頼ればかなり抑えることができる。動画導入を安価かつ手軽に実現できる、SaaS型動画配信プラットフォームを紹介しよう。(バックナンバーはこちら)

動画マーケティングに取り組む際の選択肢

 今、注目すべきは動画マーケティング。アメリカでは動画を導入したことでコンバージョン率(CVR)が1.8%から8%以上に急増した例や、サイト売上が平均で20~40%も増加したというレポートも現れている。(詳細:CVRが1.8%から8%以上に改善された例も! Zapposも注目の動画マーケティングで差を付けろ

 とはいえ、動画という未体験の施策に踏み出すことに不安を覚える人も居るかもしれない。動画の配信・コンテンツ管理のシステムをどうするか、動画視聴の解析はどうやるか、iPhone/iPadなどへの対応はどのタイミングで考えるか。自力だけで体制を整えようとすると、どれだけの費用・手間が掛かるのか見通しを立てにくく、対応しなくてはならない事項を考えるだけでも一仕事だ。

 効果的な施策なら試してみたいが、費用・手間が掛かるのは嫌だ。そう考えるのなら、Brightcoveの提供しているSaaS(Software as a Service)型の動画配信プラットフォームを利用するという選択肢はどうだろうか。月間5万円からの料金で、次のような機能を利用できるようになる。

  • 動画のアップロード/エンコード
  • 動画コンテンツ管理…プレイリストの作成、RSSフィード、動画検索、配信先の地域フィルタリングなど
  • 動画プレーヤーの作成/カスタマイズ…プレーヤーで再生する動画コンテンツ・プレイリストの割り当て、スタイル設定、友達にメール/Twitter投稿/埋め込み用コードの生成などのボタン設置による動画共有促進など
  • 動画関連広告の配信
  • 動画のパフォーマンス分析

 世界的にメジャーな動画配信プラットフォームの中で、日本で事業展開をしているのはBrightcoveのみ。楽天や日経新聞、テレビ大阪など、大手企業での採用も進んでおり、日本での導入企業数はここ1年で50社ほどから120社程度にまで急増。世界で見ると2300社がBrightcoveのプラットフォームを採用しているという。

リーチ拡大のため、一元管理できるプラットフォームを

 そんなBrightcoveのプラットフォームが11月2日に「Brightcove 5」へとバージョンアップ。顧客からの要望に応え、機能を強化している。同社によると、今回のメジャーアップデートに当たってのテーマは次の3つだ。

  1. より多くの人、場所にリーチする
  2. ビジネスバリューをさらに後押しする
  3. 生産性向上により貢献する

 「より多くの人、場所にリーチする」というテーマの下、Brightcove 5では次のような機能が追加・強化されている。

  • YouTubeへの配信・同期…YouTubeとシステム連係し、Brightcove上からの動画アップロード/削除、詳細・メタデータの同期など、一元管理を実現。特定のタグを付けた動画だけをYouTubeにアップできる自動化ルールも作成可能
  • Apple HTTPストリーミングのサポート…マルチビットレートでiPhone/iPadへの動画配信を最適化
  • モバイルSDKの強化…従来からのiPhone/iPod touch、Android用に加え、新たにiPad向け参照アプリを追加

次のページ
どこでも動画視聴な可能な時代が到来

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
動画マーケティング最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/28 15:22 https://markezine.jp/article/detail/12366

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング