SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

トヨタ、「代替現実ゲーム(ARG)」を使ったプロモーションを展開

 トヨタは、昨年12月に発売した新型ヴィッツのプロモーションのために、大沢たかおと生田斗真の2人が演じる探偵の物語を核としたテレビCMやサイトを展開。今回、「ARG(Alternate Reality Game=代替現実ゲーム)」という手法を取り入れて、新型ヴィッツの世界観をより楽しめるキャンペーンを開始した。

 「ARG」は、体験型ゲームを提供することで、参加者が企業のキャンペーンに積極的に関与することができる仕組みを提供するもの。今回のプロモーションは、日本のARG研究の第一人者である、慶應義塾大学の武山政直研究会とトヨタの共同プロジェクトとして企画された。企画・WEB制作およびプロデュースには、カヤックと電通が参加している。

今回のプロモーションでは、CMで描かれるストーリーから派生したサイドストーリーを設け、
参加者そのストーリーを体験するかのような仕組みを提供する

 参加者は、専用の「まとめサイト」でゲームを楽しみながら、盗まれたテディベアを取り戻すために謎を解いていく。その謎の中には、ヴィッツのことを理解しなくてはならない謎や、全国の参加者が協力し合わないと解けない謎も含まれている。このキャンペーンは、2月21日から27日まで展開し、フィナーレとしてUstreamリアルタイム中継イベントを行う。また、参加者の中から抽選で1名に「新型ヴィッツ」が1台プレゼントされる。

【関連記事】
トヨタマーケティングジャパン、ソーシャルアプリの企画コンテストを開催
スーパーボウル中継時に最もツイートされたCM6位に「グルーポン」
ニコニコ動画がテレビCM放映、出演はGackt

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/02/21 17:23 https://markezine.jp/article/detail/13410

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング