MarkeZine(マーケジン)

記事種別

トヨタ、「代替現実ゲーム(ARG)」を使ったプロモーションを展開

2011/02/21 17:20

 トヨタは、昨年12月に発売した新型ヴィッツのプロモーションのために、大沢たかおと生田斗真の2人が演じる探偵の物語を核としたテレビCMやサイトを展開。今回、「ARG(Alternate Reality Game=代替現実ゲーム)」という手法を取り入れて、新型ヴィッツの世界観をより楽しめるキャンペーンを開始した。

 「ARG」は、体験型ゲームを提供することで、参加者が企業のキャンペーンに積極的に関与することができる仕組みを提供するもの。今回のプロモーションは、日本のARG研究の第一人者である、慶應義塾大学の武山政直研究会とトヨタの共同プロジェクトとして企画された。企画・WEB制作およびプロデュースには、カヤックと電通が参加している。

今回のプロモーションでは、CMで描かれるストーリーから派生したサイドストーリーを設け、
参加者そのストーリーを体験するかのような仕組みを提供する

 参加者は、専用の「まとめサイト」でゲームを楽しみながら、盗まれたテディベアを取り戻すために謎を解いていく。その謎の中には、ヴィッツのことを理解しなくてはならない謎や、全国の参加者が協力し合わないと解けない謎も含まれている。このキャンペーンは、2月21日から27日まで展開し、フィナーレとしてUstreamリアルタイム中継イベントを行う。また、参加者の中から抽選で1名に「新型ヴィッツ」が1台プレゼントされる。

【関連記事】
トヨタマーケティングジャパン、ソーシャルアプリの企画コンテストを開催
スーパーボウル中継時に最もツイートされたCM6位に「グルーポン」
ニコニコ動画がテレビCM放映、出演はGackt

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5