SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト「人が触れて楽しめる映像広告」事業を8月から展開

 株式会社オプトは、米国リアクトリクス社(Reactrix Systems、Inc)が開発した、人が触れると変化する投影型映像システム「リアクトリクス」の日本における事業ライセンスを独占取得し、同システムを使った映像広告のネットワーク事業を8月から展開すると6月27日に発表した。

「リアクトリクス」は、専用プロジェクターを大型商業施設の天井や壁面に設置し、床や壁面に映像広告を投影、通行人が広告の上を歩いたり触れたりするとその動きにリアルタイムに反応して映像が変化するというもの。すでに米国では24州175箇所に設置されており、視覚だけでなく身体を動かして楽しめる映像広告として、コカコーラやジョンソン&ジョンソン、クライスラーといった大手企業が広告に利用している。

米国ではすでに実用されている(オプト発表資料より転載)


 オプトでは、このシステムを国内のショッピングモールやシネコンプレックスといった大型商業施設に設置、インターネット経由で映像を配信することで「人が触れて楽しめる映像広告」として、新たなクロスマーケティング手法として提案する。同事業の売上高目標は、2008年12月末までに5億円(設置場所50サイト)としている。

プレスリリース:「オプト、人が触れると変化する映像広告のネットワーク事業を8月から展開」(PDF)


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/06/28 13:21 https://markezine.jp/article/detail/1382

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング