SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

YouTube日本語検索サービス「MOCO Video」で一番人気があったのは…

 YouTubeの全ビデオを、日本語で検索可能とする国内最大のYouTube検索サービス「MOCO Video」。参加ユーザーが、YouTubeのビデオに関連付けられている英語タグを、MOCO内で日本語タグとして登録することでマッチングされ、日本語検索が可能となる。「MOCO Video」を運営するスパイダーネットワークスは2007年6月の人気タグを発表した。

2007年6月の人気ワード固有名詞トップ10

1位 ZARD
2位 らき☆すた
3位 ビリーズブートキャンプ
4位 小島義雄
5位 ライアーゲーム
6位 眞鍋かをり
7位 中川翔子
8位 当て逃げ
9位 長澤まさみ
10位 麒麟


 ZARDが6月を通して高い検索数で1位になった。多くのファンが故人をしのんでいることが伺える。2位は前月1位のらき☆すた、MAD系動画のレパートリーがそろってきたこともあり、高い人気をアニメ放送開始より維持している。3位は日本でも流行中のビリーズブートキャンプ。来日をきっかけに一気にランキングを駆け上ってきた。

 4位の小島義雄は、お笑い芸人の中でトップの検索回数。5位はTVドラマのライアーゲーム。6位と10位の眞鍋かをりと麒麟は、恋愛報道とともにブレイクしている。

プレスリリース:YouTube日本語タグ化サーチエンジン『MOCO Video』、2007年6月の人気ワード


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/07/04 10:40 https://markezine.jp/article/detail/1403

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング