MarkeZine(マーケジン)

記事種別

世界30か国の6月のGoogle急上昇キーワード

2011/07/29 13:05

 アウンコンサルティングは、Google検索で、世界30か国において6月に検索回数が急上昇したキーワードを選定し、日本・韓国・中国の3か国と全体の分析を行った。日本では、話題の人物・イベント・アニメおよび季節性の高いキーワード(父の日・宝くじ など)が急上昇しており、特にAKB48関連のキーワードが上位を占めている。また、アニメ関連キーワード(“あの花”など)は、小説化・DVD化・映画化などにより急上昇する傾向にある。

 韓国では、人気・話題の映画やドラマのキーワードが急上昇。また、皆既月食や大成(人気アイドルグループBIGBANGのメンバーの1人で、6月に交通事故を起こした)などがランクインしている。

 中国では、社会的な話題やニュースのほかに、流行のテレビ番組や話題の人物のキーワードが急上昇している。大学入試の最高得点者の公表を控えるように、教育省が発表したことが話題になり、大学入試関連キーワードが上昇。また、「裸婚时代(裸婚時代)」というキーワードは、中国の若い世代の恋愛観や結婚観を表現した作品で、ベストセラー小説がドラマ化されたことがきっかけで急上昇している。

 その他の国を見ると、インドネシア、サウジアラビアなどでは大学入試の季節のため、入試内容や合格発表に関するキーワードが上位にあがっている。ニュージーランドでは、地震に関するキーワードが、トルコ、メキシコ、スペインでは、ゲームサイト名「Friv」が急上昇している。

【関連記事】
「Google 急上昇検索ワードランキング」上半期の1位は「原発」
グーグル、キーワードなしの「画像で検索」サービス開始
中国ネット通販ユーザーが最もネットを利用する時間帯は?
中小企業が進出したい候補地ベスト3は 「中国・ASEAN・米国」
ユニクロの台湾進出で、アパレルサイト利用に変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5