SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル「+1」ボタンを、SNS「Google+」と連携
サークル内での情報共有を可能に

 グーグルが6月に提供を開始した「+1」ボタンは、ボタンが設置されたサイトでクリックすることで、その情報が気に入ったことを示すことができる。このボタンはすでに100万以上のサイトに設置されている。グーグルは「+1」ボタンを改良し、いくつかの新機能を追加した。

 まず、現在試験的に公開しているSNS「Google+」の「サークル」と呼ばれるグループ内で、「+1」ボタンがクリックされた情報を共有可能になった。「+1」ボタンにマウスカーソルを合わせると表示される小さな画面から、ユーザーは直接コメントを投稿したり、投稿先のサークルを選択することができる。

 この小さな画面には、パブリッシャーが用意したリンクや画像、説明などが表示され、「+1」ボタンを押すと、Google+のストリームに一緒に投稿される。パブリッシャーは、この「+snippets」機能によってユーザーに共有してほしい情報をカスタマイズすることができる。また、インライン・アノテーション機能によって、知人が「+1」ボタンをクリックしたページを訪問したとき、「+1」したユーザーの名前と顔が表示されるようになった。

【関連記事】
無印良品のソーシャルコマースサイト「my MUJI」
グーグルの「+1」ボタンがサイトで導入可能に
グーグル、SNS「Google+」の試験サービスをスタート
SNSユーザーの4人に1人が「フェイスブック」
ECサイトの9割が「ツイッター」導入、2位「Facebookいいね」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/08/25 12:40 https://markezine.jp/article/detail/14276

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング