MarkeZine(マーケジン)

記事種別

グーグル「+1」ボタンを、SNS「Google+」と連携
サークル内での情報共有を可能に

2011/08/25 12:40

 グーグルが6月に提供を開始した「+1」ボタンは、ボタンが設置されたサイトでクリックすることで、その情報が気に入ったことを示すことができる。このボタンはすでに100万以上のサイトに設置されている。グーグルは「+1」ボタンを改良し、いくつかの新機能を追加した。

 まず、現在試験的に公開しているSNS「Google+」の「サークル」と呼ばれるグループ内で、「+1」ボタンがクリックされた情報を共有可能になった。「+1」ボタンにマウスカーソルを合わせると表示される小さな画面から、ユーザーは直接コメントを投稿したり、投稿先のサークルを選択することができる。

 この小さな画面には、パブリッシャーが用意したリンクや画像、説明などが表示され、「+1」ボタンを押すと、Google+のストリームに一緒に投稿される。パブリッシャーは、この「+snippets」機能によってユーザーに共有してほしい情報をカスタマイズすることができる。また、インライン・アノテーション機能によって、知人が「+1」ボタンをクリックしたページを訪問したとき、「+1」したユーザーの名前と顔が表示されるようになった。

【関連記事】
無印良品のソーシャルコマースサイト「my MUJI」
グーグルの「+1」ボタンがサイトで導入可能に
グーグル、SNS「Google+」の試験サービスをスタート
SNSユーザーの4人に1人が「フェイスブック」
ECサイトの9割が「ツイッター」導入、2位「Facebookいいね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5