SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

上半期スマホ出荷台数、前年比4.5倍に【MM総研調査】

 2011年度上期の携帯電話端末総出荷台数は2,028万台で、前年比6.0%増。半期別の出荷台数としては、2007年度下期の2,563万台以来の2,000万台市場となった。このうち、スマートフォン出荷台数は1,004万台で前年比4.5倍、総出荷台数の49.5%を占める。

 メーカー別に見ると、シャープが出荷台数394万台(前年比9.4%減)で1位、シェアは19.4%(前年比3.3ポイント減)となった。なお、シャープはスマートフォン市場でも、出荷台数228万台で1位、シェアは22.7%である。

 2位は富士通で338万台(18.6%増)、シェア16.7%(1.8ポイント増)、3位がソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズで260万台(83.1%増)、12.8%(5.4ポイント増)となった。

  調査元では、2011年度下期の携帯端末出荷台数は2,000万台を超え、2011年度通期では前年比10.5%増の4,160万台になると見込む。うち、スマートフォン出荷台数は2,330万台で、総出荷台数の56.0%に達すると予測している。

【関連記事】
・スマホのOS「わからない」、女性ユーザーの4割
・スマホ所有率4割超、現在使用している製品はダントツで「iPhone」
・iPhoneを選んだ理由1位は「それがiPhoneだから」 【スマートフォンに関する調査】
・iPhone 4S、発売3日で400万台突破
・スマホゲーム市場、2015年には30倍の2550億円市場に【シード・プランニング調べ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング