SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グリー、「リアル・マネー・トレード(RMT)」監視体制を強化

 「リアル・マネー・トレード(RMT)」とは、GREEのサービスを使って、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、または交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘をする行為を指す。

 グリーはこれまでも利用規約でRMT関連行為を禁止して対応してきたが、今回、有人での専門のチェック体制を導入。RMT関連行為を発見した場合は、違反記載の削除、違反ユーザーに対する警告、違反ユーザーのアカウント停止などの措置を実施する。また、ユーザーへの啓発、注意喚起に関する特設ページと専用窓口を開設する。

 また、グリーは、未成年ユーザー関連の施策として、利用金額制限の追加を4月1日から導入。15歳以下のユーザーは月間5000円まで、16~19歳のユーザーは月間1万円までとなる。

【関連記事】
ゲーム系SNS、4割以上のユーザーが離脱
モバゲーとグリー、高年齢層ほど課金率が高まる傾向
サイバーエージェント、ソーシャルメディアの高精度自動監視サービスを提供
デコれないツイッターは「カワイくない」【高校生の意識調査】
ベネッセ、Ustreamでライブ授業を無料配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/03/19 11:00 https://markezine.jp/article/detail/15383

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング