SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

自分のGoogle利用状況がわかる「アカウント アクティビティ」サービス

 「アカウント アクティビティ」(ベータ版)は、ユーザーのGoogleサービスの使用状況に関する月単位のレポートを作成する。使用しているサービスに応じて、送信したメールの件数、最も多かったメールの送信先、実行した検索、ログインに使用したコンピュータを確認できる。これによって、自分が前月より何パーセント多くメールを受信したかなどを比較することもできる。

 レポートに対応しているのは、Gmail、Latitude、Picasa ウェブ アルバム、ウェブ履歴、YouTubeで、今後順次拡大する。アクティビティ レポートは、アカウントが不正使用されていないことを確認する手段としても使用することができる、

【関連記事】
フェイスブックの偽アカウント、97%が「女性」を名乗る
IE8のプライバシー保護機能がオンライン広告業界に与える影響とは?
Google、桜の名所26ヶ所を含めた「ストリートビューで見る日本の観光ガイド」公開
グーグル、Androidマーケットを「Google Play」に統合
Google+の参加年齢を13歳以上に引き下げ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/03/29 13:45 https://markezine.jp/article/detail/15434

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング