SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

大切だと思う人とのつながり「SNS」が最下位、職場の上司・同僚と「コミュニケーションをとる必要性は感じない」【連合調査】

 連合(日本労働組合連合会)は今年4月、人と人とのつながり(絆)についての調査を行い、20歳以上のアルバイト・パートを含む有職者1000名(男性500名、女性500名)から得た回答をまとめた。

 家族や親せきとのつながりについて「大切だと思う」と回答した割合を見ると、「子ども」とのつながりが92.3%で最も高く、「配偶者」87.9%、「両親」82.8%、「兄弟姉妹」69.2%、「親戚」32.3%となった。

 家族や親戚以外の人とのつながりについてみると、「友人」が71.9%で最も多く、「サークルやグループの仲間」27.0%、「近所の人」23.9%と続き、「SNS上でのつながり」が9.9%となった。

 職場での上司、同僚とのつながりについては、「職場の同僚」は43.3%が、「職場の上司」は29.7%が「大切だと思う」としている。

 これらの人とのつきあいについてたずねると、子どもとコミュニケーションを「頻繁にとっている」男性は4割、近所の人とコミュニケーションをとっている人は、20代では1割半ば、50代で4割半ばとなっている。また、職場で上司とコミュニケーションを取っている人は約3人に2人となった。

 家族や友人とのコミュニケーションをとっていない理由としては、「時間が合わない」「仕事が忙しい」が上位となり、近所の人とコミュニケーションをとっていない理由は「相手のことがよくわからない」が4人に1人。また、職場の上司や同僚では「コミュニケーションをとる必要を感じない」がトップになった。

 また、会社と労働者とのつながりを強くするために拡充するべきだと思う仕組みや制度については、1位「安定した賃金」が7割を占め、20代では「男女平等」「社員食堂」が4割弱となった。

【調査概要】
調査タイトル:人と人とのつながり(絆)に関する調査
調査対象 :ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする
20 歳以上のアルバイト・パーを含む有職者
調査期間 :2012年4月1日~ 201 2年4月4日
調査方法 :インターネット調査
調査地域 :全国
有効回答数 :1,000サンプル(有効回答母数から1,000サンプルを抽出)
実施機関 :ネットエイジア株式会社

【関連記事】
ネットでの友達の多さは「リア充」にあらず? 【ソーシャルで友達100人以上いる人調査】
2年無料で「無印良品の家(家具付き)」に住んでくれる家族を募集!
せきをしている同僚がマスクをつけて出社したら「早く病院に行ってほしい」8割以上
会社の仲間とつながる「mixi同僚ネットワーク」
社内SNSは若い女性社員が積極的に活用、メッセージ機能も人気

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/13 10:33 https://markezine.jp/article/detail/15835

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング