SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NTTドコモとリンク・プロセシング、スマホを活用したクレジットカード等の法人向け決済ソリューション提供

 NTTドコモとリンク・プロセシングは、NTTドコモのAndroid OSを搭載したスマートフォンやタブレットの利用拡大を目指し、法人企業が簡単にクレジットカードやポイントカード、プリペイドカード等の決済や領収証発行などができる、リンク・プロセシングの決済ソリューションを協力して販売、推進していくことに合意した。また、両社は資本提携についても合意。法人向けのスマートフォンやタブレットを活用した決済ソリューションの提供についても推進していく。

 クレジットカード市場は今後も成長が続き、市場規模は拡大していくと予想されている。また、スマートフォンやタブレットの高機能化により、法人市場における利用シーンも多岐に渡る。今回のソリューションはスマートフォンやタブレットを活用したモバイル決済ソリューションであり、接客を重視する飲食店やホテルでは、レジカウンター以外でも対面決済ができる。また百貨店やスーパー、商店街などでは従来よりも簡単にポイントカードやプリペイドカードの発行や決済が可能に。さらに領収証を発行するソリューションとしても利用でき、百貨店や銀行、生損保などでの外交員の業務改善や管理コスト軽減を促進する。

 今後、両社は銀聯(ぎんれん)カードや電子マネー、デビットカードでの決済など様々な決済ニーズに応える多様な機能の開発を進めていく。また、スマートフォンやタブレットによるCRMやクラウドPOSなど業務システムとの連携が容易となるツールとともに、様々な法人企業向けソリューションを提供していく。

【関連記事】
NTTデータ、上海インフォーテック社と資本提携、中国でカード決済サービスを展開
大日本印刷とTMNが業務提携、NFC活用シンクライアント型電子決済システムなど提供
ソフトバンク・テクノロジー、香港の大手決済サービス会社AsiaPayと業務提携 ECサイト、現地通貨で決済可能に
経済産業省、平成23年度国内電子商取引市場調査結果発表 国内BtoCのEC市場規模は8.5兆円に成長
電通、SNS とコンビニ店頭をつなぐ電子クーポン配信プラットフォームを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/09/12 13:30 https://markezine.jp/article/detail/16385

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング