MarkeZine(マーケジン)

記事種別

田中一光と亀倉雄策、2人のデザイナーの展覧会

2012/09/24 00:00

無印良品、初代アートディレクターとしての仕事を紹介する「田中一光」

 田中一光の没後10年となる今年、「田中一光とデザインの前後左右」(主催:21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団)が2012年9月21日から2013年1月20日まで東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」にて開催される。それに合わせて、良品計画は「無印良品」の初代アートディレクターを務めた田中一光を紹介する展示を3つの店舗で開催する。

 亡くなるまでの20年余に渡りアートディレクターとして無印良品の思想を表現し、モノづくりに多大な影響を与えた田中氏自らがデザインし、商品化したスケジュール帳など限定商品が販売される。会場はは、MUJI 東京ミッドタウン(9月21日~10月28日)、MUJI キャナルシティ博多(11月16日~12月16日)、無印良品 有楽町(12月28日~2013年1月20日)の3か所。

「亀倉雄策ライブラリー+10人のミニ本棚」展

 もうひとつの展覧会は「亀倉雄策ライブラリー+10人のミニ本棚」展。リクルートが運営する「クリエイションギャラリーG8」で、9月24日~10月25日まで開催される。

 東京オリンピックのポスターやグッドデザインマーク、NTTのシンボルマークなどのデザインを手がけた亀倉雄策氏(1915-1997)。亀倉雄策氏が収集した国内外のデザイン、アート、写真、建築一万冊の蔵書の中から数百点を展示。安西水丸、大橋歩、葛西薫の各氏を含む10人のクリエイターがおすすめのビジュアルブックを5冊ずつ紹介する。

【関連記事】
TBWA博報堂がスマートハウス「ミライニホン」のコンセプトデザインを担当
無印良品、スゴロクで旅行アイテムをゲットする「MUJI to GO」のソーシャルゲーム
2年無料で「無印良品の家(家具付き)」に住んでくれる家族を募集!
スマホにアート情報を配信する「artscape展覧会ナビ」
アマゾン、本代の1割をポイント還元する学生向け会員制プログラム「Amazon Student」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5