SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

無料で開業! はじめてのドロップシッピング入門

DSP徹底活用編第1弾「もしもドロップシッピングを利用してみよう」(後編)


前編に引き続き、後編も、DSP(ドロップシッピングサービスプロバイダ)の「もしもドロップシッピング」の利用方法について説明していきます。(前編はこちら)

仕入済みの複数商品を一括編集しよう

 商品を複数仕入れていると、価格変更設定が煩雑になります。そこで、もしもドロップシッピングでは「登録商品価格修正機能」というものが実装されており、ファイル形式(CSVファイル:カンマ区切りで生成されたデータ)で編集を行うことができるようになっています。

ファイル形式で商品価格を一括編集したい場合には、ページヘッダー(上部)に必ず表示されている【登録商品価格修正機能】ボタンをクリックします。

 ページが遷移し、機能の説明とツールが表示されます。なお、ツール自体は利用方法説明の下にあるので、ページを一番下たまでスクロールさせます。そうすると、上図ツールが表示されるので、利用する場合には利用規約に同意したことを表わす【同意する】部分にチェックをいれて、【商品データのダウンロード】ボタンをクリックします。

ファイルのダウンロード窓が表示されるので、【保存】ボタンをクリックして、任意の保存先に保存します。

 保存が完了したら、実際にDLしたファイルを展開表示させます。マイクロソフトの表計算ソフト「Exel」がインストールされていれば、そのまま展開表示をさせることが可能です。展開表示させることができたら、上記の部分(販売価格)の価格を適宜編集して、当該ファイルを保存しましょう。

もし、インストールされていない場合には、保存したファイルを[右クリック]→[プログラムから選択]と移動します。

 プログラム一覧が表示されるので【Notepad(メモ帳)】を選択して【OK】ボタンをクリックします。そうすると、NotepadでCSVファイルが展開でき閲覧と編集が可能になります。ただし、この方法でのCSVファイル展開だと非常に編集しにくいので、なるべくCSVファイルを展開できる表計算ソフトを利用した方がいいでしょう。

 さて、価格の編集が完了したら、CSVファイルを保存し(注意:保存の際にxls形式など拡張子がcsv以外になっていないか必ず確認するようにしてください)、【参照】ボタンをクリックします。

 クリックをすると、ローカル(皆さんが使っているPCの中)からファイルを選択するよう要求されるので、先ほど保存したファイルを選択します。そうすると、上記【参照】ボタンの左側にローカルのパス(文字列と認識してください)が表示されるので、あとは【販売品データのアップロード】をクリックして完了になります。

免責事項(販売価格一括修正機能)
1.本サービスのデータは予告なく変更することがあります。
2.データの正確性、完全性については保証いたしません。
3.弊社は、本サービスを使用した場合に発生したいかなる障害および事故、第三者との紛争について、一切責任を負いません。

仕入商品の販売用リンク(HTMLソース)を取得しよう

 商品販売用のHTMLリンクを取得する場合には、2種類の方法があります。やり方自体はほとんど一緒なのですが、念のため次ページにて説明していきます。

本内容は、株式会社もしも社の広報にご連絡させていただき、掲載許可を頂いたうえでキャプチャの取得掲載等を行っております。もし、管理者様側で不都合な点等がありましたら、Markezine編集部までご連絡頂ければ適宜修正等を行わせて頂きます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
売上レポートをみてみよう!

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
無料で開業! はじめてのドロップシッピング入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

池永 尚史(イケナガ ヒサシ)

 1979年生まれ。CGMブログ・メディアを展開するベンチャー企業、インターネットサービス系企業を経て独立。2010年3月より株式会社ノイズ代表取締役。 ■ 著書・ 稼ぐアフィリエイターはブログが違う!(技術評論社刊)・  ドロップシッピングスタートブック(技術評論社刊)■ 連...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/12 19:05 https://markezine.jp/article/detail/1665

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング