SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「購入したいと思う次世代DVDレコーダーのメーカー」はブルーレイ陣営が圧勝

 株式会社ブランド総合研究所は、次世代DVDの普及が本格的にスタートした今、HD DVDとブルーレイのどちらがより次世代DVDとしてのポジションを確立しているかの理解に関する調査を2007年7月3日~7日にかけて実施した。今回の調査は、20代、30代、40代、50代以上を年代別にほぼ同数ずつ抽出した国内の男女1,071人が対象となっている。

購入したいと思う次世代DVDレコーダーのメーカーはブルーレイ陣営が圧勝。 トップはソニーの53.1%

 調査で「購入したいと思う次世代DVDレコーダーのメーカー」について質問したところ、以下のような結果となった。



 結果として、国内メーカーを多数従えたブルーレイ陣営がHD DVD陣営に大きな溝を開けた。注目すべきはブルーレイ陣営を領導するソニー、松下電器とHD DVD陣営を率いる東芝のポイント差だ。トップがソニーの53.1%、2位が松下電器で52.9%、続いて27.9%のシャープとなり、東芝は24.8%で4位の結果に終わっている。HD DVDを代表する東芝が、ブルーレイ代表のソニー、松下電器に2倍の差をつけられる結果となった。メーカーへの信頼から判断する限りでは、ブルーレイ陣営が主要規格になりそうだ。

ニュースリリース:購入したい次世代DVDメーカーブルーレイ陣営、HD DVD陣営に大差つける


この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2007/10/05 21:10 https://markezine.jp/article/detail/1676

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング