SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

次世代デジタルマーケティングに新たな指標を
アトリビューション分析によるコンテンツ価値可視化PJ始動


 2012年10月に開催されたアドテック東京2012において、インテグレートがプレミアムセミナーを開催した。そこでは、先日発足した「パワーコンテンツ連動型アトリビューション・マネジメントプロジェクト」の概要や目的について、アタラ 有薗雄一氏、インテグレート 藤田康人氏、デジタルインテリジェンス 横山隆治氏、日本ビジネスプレス 菅原聡氏ら4者の対談が行われた。

広告に加え、新たにコンテンツを軸にしたアトリビューション・マネジメント

 2012年10月下旬、アタラ、インテグレート、デジタルインテリジェンス、日本ビジネスプレスの4社は、共同で「パワーコンテンツ連動型アトリビューション・マネジメントプロジェクト」の立ち上げを発表した。広告だけではなく、コンテンツを軸にしたユーザーの態度変容過程を可視化する国内初の取り組みであり、業界内の注目を集めている。

 先日開催されたアドテック東京2012のインテグレートプレミアムセミナーにおいて、このプロジェクトの参画者であるアタラ 取締役COO 有薗雄一氏、インテグレート 代表取締役CEO 藤田康人氏、デジタルインテリジェンス 代表取締役 横山隆治氏、日本ビジネスプレス 代表取締役社長 菅原聡氏の対談が行われた。

(左)株式会社インテグレート 代表取締役CEO 藤田康人氏
   (中央左)株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役 横山隆治氏
   (中央右)アタラ合同会社 取締役COO 有薗雄一氏
    (右)株式会社日本ビジネスプレス 代表取締役社長 菅原聡氏

 藤田氏は、「これまでは、ペイドメディアとオウンドメディアの中でアトリビューションは展開されていた。我々はこのプロジェクトにおいて、初めてアーンドメディア内の編集記事コンテンツを含んだトリプルメディアのアトリビューション測定を行い、マネジメントしていく」とプロジェクトの概要を語る。

これからのデジタルマーケティングを再び面白くする

 これまでは効率性が第一に追求され、ネット広告の効果が「CPC」などの指標に偏重した、刈り取り型マーケティングが行われてきた。その結果、リスティング市場は飽和し、予算をなかなか消化できない状態に陥っていた。そして、その次の手段としてDSPを利用するリターゲティング広告が登場してきた。

株式会社デジタルインテリジェンス 代表取締役 横山隆治氏

 「サイト内に流入してきたユーザーをリターゲティング広告で追いかけても、反応するのはせいぜい初めの1~2か月であり、時間の経過とともに効果が落ちてくる。同じ広告で追いかけるだけでなく、きちんとシナリオを組み立てる必要がある。それを記事コンテンツも含めた、もう少し広い世界でやっていこうというのが今回のプロジェクトだ。今日は、これから再びデジタルマーケティングが面白くなるという話をしたい」と横山氏はプロジェクトのビジョンを語る。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アーンドメディアの再定義

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケティング専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新ビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは2児...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/08/11 17:35 https://markezine.jp/article/detail/16831

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング