SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

LINEマーケティング活用企業特集

ソーシャル会員1,000万人を目指す、ローソンのLINE活用術に迫る!【第1弾:ローソン】


 2012年6月、企業向けにLINE公式アカウントの提供が始まった。それはマーケティングプラットフォームとして、LINEが企業向けに開かれたターニングポイントであった。この連載では、LINEマーケティングに先駆的に取り組む企業の事例を紹介していく。今回はLINE活用に一早く取り組み始めたローソン 白井明子さんにお話しをうかがった。(バックナンバーはこちら)

ローソンのWebマーケティング戦略概要

 今回取材にうかがったローソンは、LINE公式アカウントの開設をはじめ、無料スタンプの提供やLINE連携アプリとタイアップしたキャンペーン実施などに一早く取り組んだ、代表的なLINEマーケティング先進企業の一社だ。

 お話をうかがったローソン 広告販促企画部(兼)CRMアシスタントマネジャーの白井明子さんは、2010年にWebプロモーション強化という社内方針が定まった後、ソーシャルメディアなどのプロモーションなどを担当。マスメディアを使ったプロモーションや大規模な販促フェアの展開なども仕掛けた経験を持つ。

株式会社ローソン 広告販促企画部(兼)CRM推進部 アシスタントマネジャー 白井明子さん

 「もともと、Webマーケティングは広告販促企画部が主幹の仕事なので、目的はいわゆるO2O施策です。Webから店舗へお客さまに来ていただくことですね。O2Oを目的にいろいろなプロモーションを行っていますが、最近求められることは多角化しています。広告販促企画部に加えて、CRM推進部という部署を兼務しています。ローソンは5,000万人以上の会員を抱えるPontaカードの加盟企業なのですが、CRMの推進と一緒に販促をするという方針です」

LINE公式アカウント開設「やります」と即答した理由

 ローソンは2012年6月に、企業向けLINE公式アカウントの提供がスタートしたタイミングで、第一弾の企業の一社としてアカウントを開設した。それから約7か月間、LINEマーケティングに取り組んでいる。

 「NHN Japanさんに企業向け公式アカウントのお話をいただいて、『やります』と即答でお返事しました。これはやっておかないと、後悔することになる予感がしたので、アカウントを開設しようと即決しましたね。

 LINEマーケティングの予算は、もともと年間で持っているWeb予算から充当しました。新しく始めるプロモーションをLINEの費用へと集約した感じですね」(白井さん)

ローソン公式アカウント(LINE ID: #lawson)

 FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアとは異なり、アカウントを開設する際に安くはない費用がかかるLINE。その活用に踏み切ったのは、「このタイミングで取り組んでおかないと、他社に後れをとってしまう」という危機感であった。LINEという新しいマーケティングプラットフォームの秘める力をいち早く見出し、活用に踏み切ったことは、ローソンのWebマーケティング戦略の姿勢に通じるものがありそうだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ローソンの4つのLINEマーケティング施策

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
LINEマーケティング活用企業特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、サブスクリプション事業を開始。編集業務と並行して、デジタル時代に適した出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プライベートでは...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/01/18 12:36 https://markezine.jp/article/detail/16992

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング