SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DAC、米TubeMogulと資本業務提携~国内動画RTB市場参入へ

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、米TubeMogul Inc.とその完全子会社チューブモーグルと資本業務提携を行ったうえで、国内において共同で動画RTBサービスを提供していくことを発表した。

 米国においては、成長が続くオンライン広告の中でも「動画広告」の分野が大きく拡大しつつある。IABの2012年上半期実績レポートによると、上半期の売上が約842億円、前年上半期比18.1%増と、サーチ広告やスマートフォン広告とともに、とりわけ高い成長性を示している。

 こうした動画広告のうち、RTB方式により自動取引される割合も徐々に上昇しており、2013年には動画広告売上の20%以上をRTB取引が占めると観測されている。

 一方、国内においては米国の状況とは異なり、現時点では動画RTB市場は未形成の状態にある。しかしながら、RTBそのものは日本のオンライン広告を牽引する重要なトレンドの1つであり、DSPとSSP双方のプレイヤーから注目されている。

 将来的に日本でも、米国同様に動画RTB市場が拡大していくという認識のもと、DACは今回の資本業務提携及び取り組みに至った。

 本サービスについては、4月を目途に本格展開する予定。これによりDACは、TVとネットを融合させたクロスメディアプランニングの実現を図り、将来的にはよりインテリジェントな形でスマートTVに対応していく。

【関連記事】
cci、人工知能技術を使ったRTBで最適なメディアプランニング・バイイングを実現
マイクロアド、2016年、RTB取引市場規模は1,000億円突破
米国の動画視聴者数トップ3はGoogle・NDN・Facebook、広告は53%にリーチ
CMerTV、動画DSPを提供開始、既存のマスメディアと連動・補完する新広告手法が実現
「ニコニコ生放送」「ニコニコ動画」の企業活用が4割超に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/06 11:30 https://markezine.jp/article/detail/17172

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング