SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日立と博報堂、マーケティング領域におけるビッグデータ事業で協業合意

 日立製作所は、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業の提案力強化を目的として、博報堂と協業することで合意した。

 急速な伸長が予測される国内のビッグデータ関連サービス市場において、「マーケティング領域におけるビッグデータ利活用促進」の分野が、市場の拡大を牽引していくと予測されている。

 本合意に基づき、4月1日から両社協働プロジェクトである、マーケット・インテリジェンス・ラボ(仮称)を設立する。

 博報堂が現在提供しているコンサルティングサービスやマーケティングに関するノウハウを、日立のビッグデータに関するソリューションと合わせ、日立の顧客企業に向けたサービス提案を共同で行うほか、独自のソリューション開発にも取り組んでいく予定。

 これにより、顧客企業において、ITシステムの情報をマーケティングや経営に活用するニーズが高まっている情報システム部門と、ITシステムの情報を活用することが求められているマーケティングや宣伝部門、事業部門などに提案することで、顧客企業がビッグデータ利活用に全社で取り組める環境づくりをサポートしていく。

【関連記事】
米アマゾン、テラデータなど視察 IT協会、ビッグデータ戦略的ビジネス活用調査団を3月実施
NRI「ビッグデータの利活用に関するアンケート調査」結果発表
博報堂、セールスフォースと連携しクラウド型顧客プラットフォームを提供
博報堂、人工衛星を活用した宇宙マーケティング支援ビジネスに進出
日立ソリューションズ、ソーシャルCRMサービス「ReBee」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/02/13 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17212

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング