MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日立と博報堂、マーケティング領域におけるビッグデータ事業で協業合意

2013/02/13 14:00

 日立製作所は、マーケティング領域におけるビッグデータ利活用事業の提案力強化を目的として、博報堂と協業することで合意した。

 急速な伸長が予測される国内のビッグデータ関連サービス市場において、「マーケティング領域におけるビッグデータ利活用促進」の分野が、市場の拡大を牽引していくと予測されている。

 本合意に基づき、4月1日から両社協働プロジェクトである、マーケット・インテリジェンス・ラボ(仮称)を設立する。

 博報堂が現在提供しているコンサルティングサービスやマーケティングに関するノウハウを、日立のビッグデータに関するソリューションと合わせ、日立の顧客企業に向けたサービス提案を共同で行うほか、独自のソリューション開発にも取り組んでいく予定。

 これにより、顧客企業において、ITシステムの情報をマーケティングや経営に活用するニーズが高まっている情報システム部門と、ITシステムの情報を活用することが求められているマーケティングや宣伝部門、事業部門などに提案することで、顧客企業がビッグデータ利活用に全社で取り組める環境づくりをサポートしていく。

【関連記事】
米アマゾン、テラデータなど視察 IT協会、ビッグデータ戦略的ビジネス活用調査団を3月実施
NRI「ビッグデータの利活用に関するアンケート調査」結果発表
博報堂、セールスフォースと連携しクラウド型顧客プラットフォームを提供
博報堂、人工衛星を活用した宇宙マーケティング支援ビジネスに進出
日立ソリューションズ、ソーシャルCRMサービス「ReBee」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5