SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

動画視聴者数トップ3はGoogle・ドワンゴ・FC2、
視聴時間トップは男性が多い「FC2」

 コムスコア・ジャパンの日本の動画ストリーミングサイト利用状況に関するレポートによると、2012年12月にオンラインで動画を視聴した人の数は6093万人。動画を視聴した人の全体人数も3%増加し、日本の全インターネット人口の83%となった。

 ユニーク視聴者数では、YouTubeを擁するGoogle Sitesが5078万人でトップ。ニコニコ動画のドワンゴが2902万人で2位、FC2が2260万人と続いた。また、DMMが前年同月比713%のプラスと大きな成長を見せ9位にランクイン。視聴者ひとりあたりの平均視聴分数が最も長かったのはFC2(1399分)で、ドワンゴ(1301分)に大きく水をあけられるかたちで、Google Sites(341分)となっている。

 上位3サイトの男女比はそれぞれ男性約6割、女性約4割だが、FC2は他2サイトよりも男性の割合が多い。Google Sitesは35-44歳と55歳以上の割合が他の年代よりも比較的高く、ドワンゴは男女ともに最も高い割合が15-24歳となっている。

 日本におけるYouTube公式チャンネルのトップ10は、ユニーク視聴者数389万人でVEVOが首位を獲得。2位はフジテレビ、3位はSony Music Entertainment Japan、4位にavex、5位はTBSとなった。

【関連記事】
米国の動画視聴者数トップ3はGoogle・NDN・Facebook
有料動画サービスは根付くか?利用率は5.8%
YouTubeで最も多く視聴された動画は?2012年を動画で振り返る「YouTube Rewind」
「ニコニコ生放送」「ニコニコ動画」の企業活用が4割超に
FC2、近くにいる人とつながれるiPhone向けメール&トークアプリ「FC2Talk」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング