MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アドビ、デジタル広告統合プラットフォーム「Adobe Media Manager」国内展開発表

2013/02/20 13:30

 アドビ システムズは、Adobe Marketing Cloudのデジタル広告ソリューションである、Adobe Media Managerの本格的な国内提供を開始すると発表した。

 Adobe Media Managerは、リスティング広告、ディスプレイ広告、ソーシャル広告の管理、最適化や、オーディエンスデータの管理などを統合した、デジタル広告業界初のクロスファンクショナル統合ソリューション。オーディエンスデータを利用した適切なターゲットへの広告配信に加え、複数チャネルにまたがるデジタル広告の出稿や、効果のより正確な予測、最適化を単一のプラットフォームで管理できることで、効率的かつ効果的にデジタル広告を展開できる。

 また、Adobe Media Managerのデジタル広告管理ツール「Adobe AdLens」では、蓄積されたデータに基づく精度の高い効果予測と、業界をリードする、洗練されたアルゴリズムにより、デジタル広告出稿における単一チャネルの最適化だけでなく、マルチチャネルでの最適化が可能に。膨大なキーワードを管理するリスティング広告領域においては、ルール型とポートフォリオ型どちらの入札管理も利用でき、ニーズに合わせた入札管理が可能。

 そしてAdobe Media Managerは、Adobe Marketing Cloudの他のソリューションと連携することで、デジタル広告からソーシャルメディア運営、ターゲティング、分析、エクスペリエンスマネジメントまでを包括的に一つのプラットフォームで管理できる、デジタルマーケティングの全ての領域をカバーする統合ソリューションとして利用できる。

【関連記事】
アドビ、ソーシャルメディアマーケティングソリューション「Adobe Social」日本国内提供開始
ソーシャルは重要なチャネルだが、ROIに最大の影響を及ぼしているのは「検索連動型広告」
アドビとグーグルがソーシャル分析への対応を強化
ソーシャルでは「ラストクリック」よりも「ファーストクリック」アトリビューションを重視すべき
「これまでのマーケティングリサーチは使えなくなる」 レイ・ポインター氏が示すリサーチの将来像とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5