MarkeZine(マーケジン)

記事種別

電通など、アジア太平洋地域向けテレビチャンネル開設~日本コンテンツ市場の拡大が狙い

2013/02/22 10:00

 電通、日本テレビ放送網、テレビ朝日、東京放送ホールディングス、テレビ東京ホールディングス、シンガポールの投資会社Singapore Media Alliance、イマジカ・ロボットホールディングス、北海道テレビ放送、小学館集英社プロダクションは共同で出資したテレビ事業運営会社「J FOOD&CULTURE TV PTE. LTD.」を通じて、アジア太平洋地域の国々をターゲットとした日本コンテンツ専門の総合エンタテインメント・テレビチャンネル「Hello!Japan(ハロー!ジャパン)」を設立することを発表した。

 本チャンネルは2月25日に本放送を開始するシンガポールを筆頭に、順次放送エリアを拡大し、計11か国・地域(シンガポール、インドネシア、フィリピン、香港、マレーシア、タイ、オーストラリア、ベトナム、インド、韓国、台湾)での展開を予定している。

 昨今、経済成長の著しいASEAN地域を中心とした新興市場においては、参入を目指す域外各国が現地でのプレゼンスを高める施策に注力している。ブランドイメージの醸成や、インバウンド(旅行者の自国への誘致)の増加を目論み、各国は戦略的に自国の文化への認知・理解を促進し、好意度を高めるための手段のひとつとして放送コンテンツの輸出に力を注いでいる。

 現状、海外において民間企業が主体となって広域展開している日本の放送チャンネルは存在していない。そこで、日本コンテンツの市場拡大と日本のプレゼンス向上を目指して、今回のプロジェクト設立に至った。

 日本企業が海外においてバラエティーや音楽などの総合エンタテインメント・テレビチャンネルを設けることは、グローバル化を加速する日本企業をサポートすることにもつながっていくと期待される。番組内容と連動したテレビCMやイベント展開など、広告コミュニケーションの相乗効果を高めるための多様な施策が可能になる。

【関連記事】
就職活動に利用しているソーシャルメディア3位に「LINE」が初登場【電通PR「ソー活調査」】
電通、日系企業の中国向けBtoBサイト診断プログラム
DDH、「電通デジタル・ファンド」を通じて絵本ナビへ出資
YouTube公式番組にマンガチャンネル登場~第1弾『ドラゴンボール』コミックを無料配信
クックパッドと『クッキングパパ』がコラボ、マンガと再現レシピを配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5