SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最新アドテクの効率的「運用」を考える(PR)

テレアポ修行の代わりにログ集計 DSPトレーディングデスク運営の現場とは[s1o渕上氏×フリークアウト佐藤氏対談]

 最新のアドテクノロジーを効率的に「運用」していく上での課題と解決策について、全4回にわたってご紹介していきます。第3弾となる今回は、まさにDSP運用の最前線「トレーディングデスク」事業のフロントランナーである、株式会社エスワンオーインタラクティブの代表取締役社長 淵上優氏をお迎えし、「運用組織」の作り方についてお話をうかがいました。

DSPトレーディング運営現場とは s1o渕上氏×フリークアウト佐藤氏対談

フリークアウト 佐藤裕介(以下、佐藤) エスワンオーインタラクティブさんとは、僕らが DSP 事業を開始して間もない頃からのお付き合いなんですよね。

エスワンオーインタラクティブ
代表取締役社長
淵上 優氏

エスワンオーインタラクティブ 淵上優(以下、淵上) そうですね。2011年の5月頃にウェブサイトから問い合わせて、すぐにフリークアウトさんのプラットフォーム導入を決めました。当時、MicroAd BLADEやMarketOne RTBもローンチされていなかったタイミングでした。

佐藤 ちょうど当時は、RTB、DSPってこういうものだよっていう勉強会を、総合/ネット専業問わず広告代理店さんで僕がやりまくっていたような感じで。

淵上 DSPが普通に使われている今では考えられないほど、2011年夏頃までは、ほとんど誰も知らなかったですからね。

佐藤 そんな中で、淵上さんとは初めてのお打ち合わせからウマがあって、今後のオンラインマーケティングの潮流、広告代理店の組織構造の変化についてお話したことを覚えています。今考えると、当時からかなり詳しかった印象ですが、なぜなんでしょう。

淵上 当社はDSP登場以前から、アドネットワークやアドエクスチェンジを活用したトレーディングデスク事業を行なっています。ディスプレイ領域に特化していることも特徴で、ずっと渦中で考え抜いてきた、というのは大きいと思います。

あらゆる企業の広告運用を担いたい
「オペレーションプラットフォーム」というポジション

佐藤 なるほど。そういうワケだったんですね。ここ2年ほどは、RTB経由の買付を中心としたトレーディングデスク事業に注力されて、非常に成長されていると思うのですが、エスワンオーインタラクティブさんの強みやユニークさは、どういったところにあるのでしょうか。

淵上 我々がいまやっていること、これから目指していきたいことをまとめると「オペレーションプラットフォーム」だと考えています。

佐藤 オペレーションプラットフォーム! あまり聞き慣れない言葉ですが、どういったものなのでしょうか。

淵上 運用型広告は、その名の通り日々のPDCA サイクルを高速で回すことで真価を発揮します。この運用部分に特化し、広告主様だけでなく、他の広告代理店様も含む、あらゆる企業の広告運用を行うプラットフォームになりたいと考えています。そのため、現状はフラットに複数のプラットフォームを利用することで、ナレッジを蓄積しレーディングデスクとしてスキルアップをしているフェーズかと思います。

佐藤 広告主様や広告代理店様が、自社で行うことは難しいのでしょうか。

淵上 もちろん不可能ではありません。しかし、既存の広告代理店様や広告主様にとって、運用担当者の効率的な育成やマネジメント、キャリア形成は難易度が高く、コストもかかります。

佐藤 そうですね。フリークアウトにも10名以上のトレーディング (運用) チームがあるので、共感できます。特にキャリア形成は難しいですね。

淵上 一般的な広告代理店様の場合、運用担当者はコストセンターと見なされることが多く、派遣、契約社員の割合が大きいですね。運用担当者が出世していく、というキャリアアップの構造がつくれていない。

佐藤  うーん、そう思いますね。

次のページ
テレアポ代わりに、まずは「ログ集計」からスタートするキャリア

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
最新アドテクの効率的「運用」を考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐藤 裕介(サトウ ユウスケ)

株式会社フリークアウト 取締役 COO2008年よりGoogleにて広告製品を担当。Google The Foundations of Leadership修了。Google退職後、複数の技術系スタートアップに対し出資、ソフトウェア開発を支援すると同時に、鉄道会社からレコード会社まで幅広くコンサルティングを...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/04/17 11:00 https://markezine.jp/article/detail/17571

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング