SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

最新アドテクの効率的「運用」を考える(PR)

リターゲティングのアドミュート率は他の数倍にも!「より嫌われる」マーケティングへ向かいがちなアドテク活用の最適化とは

 最新のアドテクノロジーを効率的に「運用」していく上での課題と解決策について、全4回にわたりご紹介していきます。第二弾となる今回は、「アドミュート」とその対策についてです。

クリック率よりも高い、広告停止率 (アドミュート率)

 ウェブブラウジングを行なっている際、何度も何度も同じ広告が表示され、辟易した経験がある方も多いのではないでしょうか。

 0.09% ――これは、特定の広告に8回接触したユーザーが、その広告を停止処理するために、フリークアウトが提供する「アドミュート」ボタンを押した確率です。特定の広告への接触回数と比例して、このアドミュート率も上昇していきます。

 例えば、Facebook広告の平均CTRは約0.06%と言われていますが(eMarketer)、広告を停止したユーザーは、その広告をクリックしたユーザーを上回っています。

 これは、広告を配信すればするほど、広告接触を今後行うことができない「アドミュートユーザー」が 「広告経由のサイト来訪ユーザー」以上のペースで増加することを意味し、無視できない問題といえるでしょう。

フリークアウトのアドミュート機能とは

 アドミュート機能とは、特定の広告主の広告を表示させないように、ユーザーが広告原稿上から操作することができる機能です。

 下図の通り、広告原稿にマウスポインタをあわせると「×」アイコンが表示され、クリックすると、その広告キャンペーンを「停止」状態にできます。また、停止処理を行った後、下図のようにアンケートが表示され、約50%の確率で停止理由を送信いただいています。

ユーザー視点のアドテクノロジー

 フリークアウトでは、ターゲティング広告からオプトアウトする「オプトアウトボタン」とともに、アドミュート機能を提供することで、ユーザーが自らの判断によって、表示される広告をコントロールすることをサポートしています。

 広告表示の制御は、これまで掲載媒体を選ぶ広告主、そして自社媒体に掲載する広告を選別する媒体社のみが持ち得る権利でしたが、アドミュート機能はこの範囲をインターネットユーザーにまで拡張することを目的に開発されました。

 広告主にとっても、ユーザーが広告表示をコントロールすることができるため、ユーザーの制御外で不適切な広告が表示され続けることによる、ブランド価値の毀損を防ぐことが可能になると同時に、停止作業時にアンケートを実施することで、なぜ広告が停止されたのかを統計的に理解できるようになるメリットがあります。

次のページ
アドミュート率の高い広告配信方法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
最新アドテクの効率的「運用」を考える連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

佐藤 裕介(サトウ ユウスケ)

株式会社フリークアウト 取締役 COO2008年よりGoogleにて広告製品を担当。Google The Foundations of Leadership修了。Google退職後、複数の技術系スタートアップに対し出資、ソフトウェア開発を支援すると同時に、鉄道会社からレコード会社まで幅広くコンサルティングを...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

石井 Kay 慧(イシイ ケイ サトシ)

株式会社フリークアウト Platform Development早稲田大学大学院 創造理工学研究科 建築学専攻卒業後、2012年、フリークアウト初の新卒として入社。フリークアウトではエンジニアとしてのバックグラウンドを活かし、技術ベンダーとのシステム連携、事業提携、およびセールス活動の標準化、自動化を中心に...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング