MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【MZDayレポート】“検索伝道師”渡辺隆広が解説!検索技術の進化とSEMの新潮流

2007/09/18 20:00

CGM、ソーシャルメディア、パーソナライズ検索の成長に伴ってWeb環境が大きく変化、また、検索技術も今後、ソーシャルメディアと密接に関係するソーシャル検索やパーソナライズド検索など次世代サービスの登場が目前となっている。セッションでは、日本のSEO対策の第一人者として知られる渡辺隆広氏を迎え、検索業界の変化と、今後のサーチマーケティングを展開・成功させるためのポイントを解説した。(MarkeZineの主催で9月7日に行われたイベント「MZ Day2007」についてのレポートです)

検索エンジンの競争でよりターゲティング化が進む

 SEM(Search Engine Marketing)は、検索エンジンを活用して自社Webサイトへの訪問者を増やすためのマーケティング手法。SEM総合研究所所長を務める渡辺隆広氏は、日本で最初に検索エンジン最適化(SEO)サービスを始め、日本のSEO対策の第一人者として知られている。日本を代表する検索エンジンのスペシャリストの一人である。なお、SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、GoogleやYahooなどの検索エンジンによる検索結果で、自社のWebページを上位に表示させるものだ。

 渡辺氏は、「テクノロジー」と「マーケティング」という2つの側面から話を進めた。

株式会社アイレップ SEM総合研究所所長 渡辺隆広 氏

 まず、テクノロジーについての解説では、検索エンジンはGoogleとYahooの二強となっている一方、新しい検索エンジンも登場していることを指摘。新たな競争が起こる中で、GoogleとYahooの二強も改良を進めていると解説した。その一例として、Yahoo検索のソーシャル・ブックマーク表示や、Google検索へのニュース検索や動画検索の表示、Googleインデックスの高速化などを挙げ、また、ユーザーの検索行動を元にしたターゲティング技術なども示された。

 これは検索をセッション単位でとらえ、セッション内の直前の検索クエリを参照して広告の適合性を高めていくものである。まだ、日本へは未導入だが、検索キーワードから閲覧者の居住地や性別、年齢、ライフスタイルなど詳細な情報を得ることで、より戦略的な広告投資が可能になるMSN adCenterも紹介された。

 一方、こうした検索手法がより詳細化される一方、マーケティング手法としての効果には懐疑的な部分もあるという。例えば、Yahooブックマークの数が、必ずしもそのサイトの価値とは一致していないことを指摘、スパムにも弱く、マーケティングの判断指標として機能しない点があるとした。ソーシャル検索にも同様のことが言え、コミュニティの質に左右され、参加者が拡大すると一般化してだめになる。むしろ濃いユーザーの集まりで効果的とした。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5