SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本テラデータ、ビッグデータ分析を強力に支援する最新プラットフォーム「Teradata Active Enterprise Data Warehouse 6700」を販売開始

 「Teradata Active EDW 6700」は、最新プロセッサーの採用による大幅なパフォーマンス向上や、新しいキャビネットデザインによる設置面積の削減を実現。また、テラデータが提唱するビッグデータ分析環境「Teradata Unified Data Architecture(Teradata UDA)」のための通信能力を強化している。

 ハイパフォーマンスなSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)と大容量のHDD(ハード・ディスク・ドライブ)の両方を搭載するハイブリッド型ストレージ構成の6700Hモデルと、HDDのみを搭載する6700Cモデルを提供。それぞれ最新のインテルXeon E5プロセッサーを搭載。ノード間の接続にはMellanox社のInfiniBandを採用し、接続ソフトウェアのTeradata BYNETの最新バージョン5(BYNET V5)との組み合わせで最大2,000の並列処理ノードの接続が可能となっている。

 キャビネットは42Uラックキャビネットを採用し、デザインも一新。設置スペースは前モデルと比べ、両モデルとも最大50%削減できる。

 Teradata Active EDW 6700の価格は、6700Hハイブリッド型ストレージモデルの最小構成でハードウェア、ソフトウェア込みで1億9,800万円、6700C HDDモデルの最小構成でハードウェア、ソフトウェア込みで1億4,400万円。

【関連記事】
日本テラデータ、「Teradata Aster MapReduce Appliance」販売開始
ソーシャルデータ・アクセスログ・顧客データを統合活用する「Teradata IWI」
ビッグデータを超高速に可視化するインメモリ・ソリューション「SAS Visual Analytics」
電通と富士通、ビッグデータを活用したマーケティング事業で協業
EMCジャパン、ビッグデータ分析アプライアンス「Greenplum DCA UAP Edition」販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/05/21 14:00 https://markezine.jp/article/detail/17801

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング