SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IMJ、「SEOxリスティング広告連携最適化サービス」開始

 アイ・エム・ジェイのMarketing & Technology Labs(以下、MTL)は、「SEOxリスティング広告連携最適化サービス」の提供を開始した。

 現在、インターネットユーザの約8割が検索エンジンで目的のWebサイトを検索している。つまり、Webサイトへの訪問数を増やすには、検索エンジンの最適化が最も効果的と言える。

 その一方で、多くの企業において、SEOとリスティング広告を別の施策として捉え、個々での運用が行われている。それによって検索エンジン全体視点で見ると、抜け漏れやダブり、予算の無駄遣いが発生している。また、SEOとリスティング広告を別々のKPI/プランニング/効果検証で運用しているため、それぞれのレポート共有さえできていないケースもある。

 MTLでは、入札価格が高騰し飽和状態にあるリスティング広告の運用から抜け出し、ROIを最大化するために、検索エンジン全体視点でのデータ分析によるキーワードマーケティングを支援する。データ分析を軸とし、SEOとリスティング広告のどちらにも偏らない視点で、検索エンジン全体でのROI最大化を図る。

【関連記事】
クロスフィニティ、台湾にSEO関連事業の専門会社「捜越股份有限公司」設立
10代・20代のスマホ保有率は2年後に6割に、50代ではガラケー保有率が55.9%【IMJ調査】
IMJ、「Google アナリティクス プレミアム」販売開始、独自のコンサルサービスも
ブレインパッド、リスティング広告最適化ツール「L2Mixer」で予測モデルの改善
GMO NIKKO、米Marin Softwareのプラットフォームと連携、マイクロコンバージョンデータを活用したリスティング広告の自動最適化を可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/07/01 13:00 https://markezine.jp/article/detail/18059

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング