SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プラットフォーム・ワンのDSP「MarketOne」、 cci「OpenX Market Japan」とRTB取引スタート

 プラットフォーム・ワンは、同社が運用するDSP「MarketOne」と、サイバー・コミュニケーションズが運営するオンラインアドエクスチェンジ「OpenX Market Japan」とのインテグレーションを行い、RTB取引を開始した。

 「MarketOne」は、RTB取引を行う広告主が2,000社を超える、日本国内最大級のRTB取引規模を誇るDSP。また、マレーシアの総合デジタルマーケティング企業であるInnity Corporation Berhadとのアライアンスにより、東南アジアへの進出を果たし、グローバル展開も積極的に推進している。

 「OpenX Market Japan」は、複数のメディアの広告在庫を一元化したうえでオープン化し、オンライン上でそれら広告在庫の売買が可能になる、日本国内におけるアドエクスチェンジサービス。

 この度の両サービスのインテグレーションにより、広告主・広告会社は、すでにMarketOneで利用中のリターゲティングタグをそのまま活用して、直接「OpenX Market Japan」の広告在庫を購入することができる。

【関連記事】
cci「OpenX Market Japan」、マイクロアドSSP「MicroAd AdFunnel」と接続
フリークアウトとイーグルアイ、天気情報に基づいたRTB買付機能を共同開発・提供開始へ
RTBが米国オンライン広告を牽引、RTB経由のディスプレイ広告費は73%成長
ユナイテッド、スマホ特化型DSPとSSPでPC対応を開始
ログリー「loglyDSP」、cci「OpenX Market Japan」と接続

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/08/09 11:30 https://markezine.jp/article/detail/18295

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング