SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルマーケティング管理運用ツールのAcquisioがアジア市場に本格参入、Yahoo! JAPAN「ユニファイドキャンペーン」に対応

 検索やソーシャルなどオンライン広告キャンペーンの管理運用ツールを開発・提供するカナダのAcquisio(アクイジオ)は、Yahoo! JAPANの新機能「ユニファイドキャンペーン」への対応を完了、さらにBaidu広告のサポートを改善し、日本と中国市場の代理店とマーケターに対してオンライン広告キャンペーンツールを提供すると発表した。

 アクイジオのプラットフォームを利用することで、クリックやコンバージョン数をトラッキング、また、アトリビューションの管理、入札価格や予算の調整が自動的に行われる。代理店やマーケターはグラフ等を活用した分かりやすいレポートを自動的に自社ロゴを入れたフォームで作成可能。キャンペーンや広告グループ、広告、キーワードの運用を管理画面、あるいは、Excelシートによって効率的に運用し、管理運用にかかる時間を削減する。

 アジア市場に対して同社は長期的な投資を行う予定。日本のアクイジオ利用者はロンドンオフィスがサポートしてきたが、アジア市場の最初のオフィスの設立を検討しており、その具体的な内容については、今後数か月以内に発表される。

 アクイジオプラットフォームの日本での最初のユーザーであるデジタルエージェンシー、ルグランCEOの泉浩人氏は「アクイジオのプラットフォームは広告効果をクライアントに容易、かつ効率的に伝えるためのコミニュケーションツール。ビッグデータが注目される一方、膨大なデータの意味をより分かりやすく伝えることが重要となるため、アクイジオのようなツールは代理店・マーケターにとって、今後必要不可欠なものになるだろう」とコメントしている。

 アクイジオは検索やソーシャルなどオンライン広告キャンペーンの管理運用ツールを開発・提供しており、マルチチャネルでの管理運用が可能なアクイジオプラットフォームは、WPP、Omnicom、IPGやPublicsといった大手総合代理店から、Bertelsmann, Cossette、iProspect、Isobar、NetBooster、PhDやYellow Pages Groupなど、デジタル系代理店まで世界で幅広く利用されている。

【関連記事】
クラウド マーケティング プラットフォームのTurn が日本での事業を開始
サイバーエージェント、米TURN社「Campaign Suite」の取扱いを開始
AOLの動画広告プラットフォーム部門「Adap.tv」日本参入
DAC、米TubeMogulと資本業務提携~国内動画RTB市場参入へ
Yahoo!プロモーション広告の入稿支援ツール「キャンペーンエディター」提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/20 17:30 https://markezine.jp/article/detail/18509

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング