SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NHK、時差再生・マルチビューなどハイブリッドキャストコンテンツ開発のため総務省へ認可申請

 NHKが9月2日からサービスを開始した「NHKハイブリッドキャスト」は、放送の電波で送られてくる番組とインターネット経由で提供する情報を組み合わせた高度な放送通信連携サービス。対応受信機には、放送連携機能の拡張を行ったHTML5ブラウザが搭載され、従来のデータ放送より豊富な情報を高い表現力で提供することができる。また、タブレットなどの携帯端末と連携したマルチスクリーンでのサービスや携帯端末操作による視聴者参加型の番組演出など、これまでにないサービスを提供することが可能となる。

 NHKでは、このハイブリッドキャストコンテンツの開発に向けた課題の検証を行うため、新たなサービスについて総務省へ認可申請を行った。実施を検討しているサービスは以下のとおり。時差再生、マルチビュー、ハイライト視聴などが含まれる。これらは総務大臣の認可が得られ次第、順次スタートする。

 また、NHKはあわせて、ソチ五輪におけるライブストリーミングサービスの実施についても認可申請を行った。

【関連記事】
NHK、HTML5対応、ネットとテレビの融合サービス「NHKハイブリッドキャスト」9月開始
「タイムシフト視聴」は30代女性の6割
日テレ、ゲーミフィケーション活用サービススタート
フジテレビ、放送連動セカンドスクリーンアプリ開発
NTTドコモとTBSグループ、スマホ向けコンテンツサービス共同提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/25 12:00 https://markezine.jp/article/detail/18524

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング