SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

マーケターは企業とコンシューマーを結ぶコネクター
ビジネス構造のデジタルトランスフォームの牽引者となれ!

 近年のモバイルシフトやソーシャルメディアの浸透により、市場におけるコンシューマーの存在感が増大し、マーケティングだけでなく各方面に大きな影響を与えている。SAPジャパン バイスプレジデント クラウドファースト事業 本部長の馬場渉氏は「市場構造が大きく変化しつつある今、企業のビジネス自体を根幹から変えなければ生き残りは難しい」と警鐘を鳴らす。変化のうねりの中で、企業が取り組むべき改革の在り方についてお話をうかがった。

増大するコンシューマーの影響力

 インターネットが普及して以来、市場は加速度的に変化している。最も顕著なのが、市場に対するコンシューマーの影響力の増大だ。これまで最終消費者として製品やサービスを享受するだけだったコンシューマーが、潤沢な情報を手にして、交換・共有することで大きな発言力を持ちつつある。もはやBtoC型の企業はもちろん、BtoB型であっても、その先にコンシューマーが存在する限り、影響を受けずにはいられない。「あらゆる産業、企業でコンシューマーを無視できなくなってきた」とSAPジャパン バイスプレジデント クラウドファースト事業 本部長の馬場渉氏は語る。

SAPジャパン株式会社 バイスプレジデント
  クラウドファースト事業本部長 兼 Co-Innovation Lab 担当 馬場渉氏

 そして、その表裏の関係にあるのが、モバイルデバイスやソーシャルメディアなどの浸透でさらに勢いづいた「デジタルシフト」である。口コミや炎上、レコメンドなどデジタル上でのコミュニケーションが活発化し、コンシューマーの発言力増大の原動力ともなった。一方、そうしたコンシューマーに対応して、いち早くデジタルシフトを実現した企業もある。それらの企業は、コンシューマーとの関係構築に成功し、得られた情報を収集・分析することで業績的にも成果を上げはじめている。

 「自社製品を購入している顧客の性別や年齢、ライフスタイルなど、数十年前には考えられなかったことが、今では明確に把握できるようになりました。既存のチャネルしか持たない企業と、対応できている企業との差は明らかに開きつつあり、脅威に感じている企業も少なくないでしょう」

 しかしながら、馬場氏によると「デジタルシフトが全社で実現できている企業は意外に少なく、ほとんどの企業が部分的に留まっていることが多い」という。その結果、営業部などのフロント側ではデジタル化によってさらに深く顧客を熟知し、顧客から距離があるバックヤード側とのギャップが拡大しているというのだ。

 「顧客接点部門であるマーケティングや営業、カスタマーセンターなどでは、コンシューマーのスピードについていこうと必死です。先回りしよう、理解しようという意欲も高いです。しかし、顧客から離れれば離れるほど、そのスピード感は失われていきます。そうした齟齬は、現場部門と経営層の間にも如実に現れています」

クラウド・モバイル・ソーシャルを自在に使いこなし、見込み客をサポーターへ育てよう

マーケティングデータと業務系データを連携し、セールスからサービスまで一気通関で解決するシナリオを事例を中心に紹介!
『「分断させない」顧客関係構築志向マーケティング』の無料資料ダウンロードはこちら

次のページ
デジタルシフトするコンシューマーに向き合う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/11/19 10:00 https://markezine.jp/article/detail/18630

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング