SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

第2期ビッグデータ戦略的ビジネス活用研究会、募集開始

概要は以下のとおり。

●会期
2013年10月~2014年2月の期間、全5回

●場所
日本能率協会研修室(港区)

●定員
30名

●参加対象
・情報システム部門管理者
・ビジネス企画担当/責任者
・情報戦略担当/責任者
・経営企画部門担当/責任者

●参加費
・IT協会会員:157,500円
・コンタクトセンター推進協議会員:168,000円
・会員外:189,000円

●スケジュール

  月日 内容
第1回 2013年10月25日(金) ビッグデータへの取組み動向について産学両者の視点から考察
東京大学・合原一幸氏、オージス総研・宗平順己氏
第2回 2013年11月25日(月) センサーデータの活用及びマーケティング領域での活用を研究
講師:クオリカ・宮下孝夫氏、花王・本間充氏
第3回 2013年12月20日(金) ソーシャルデータの活用事例研究
講師:NTTデータ・福田輝光氏、野村総合研究所・増田有孝氏
第4回 2014年1月23日(木) ビッグデータの活用事例研究(1)
アクセンチュア・工藤卓哉氏、リクルートライフスタイル・加藤史子氏
第5回 2014年2月14日(金) ビッグデータの活用事例研究(2)
楽天・森正弥氏、本田技研工業・今井武氏

●詳細・申し込み
IT協会のサイトから
http://www.jiit.or.jp/etc/detail/im/detail/research2834.html

【関連記事】
ブレインパッドと日立、ビッグデータ利活用で協業
すららネット、東京大学等と共同でオンライン学習教材活用ビッグデータ分析研究プロジェクト開始
博報堂ら、ビッグデータを安価で手軽に分析・可視化できるクラウド型データ分析ツール「ハッケン」
ホットリンク、金融ビッグデータのリアルタイム可視化・変動リスク予測ツールをリリース
テラデータ、ビッグデータ分析を試せる無償ソフトとトレーニングを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング