MarkeZine(マーケジン)

記事種別

独占企画!Seesaaドロップシッピングを徹底的に活用しよう(前編)

2007/10/03 15:00

2007年10月にサービスを開始したSeesaaドロップシッピング。今回は、そのローンチしたばかりのサービスに焦点を当て、サービスの特徴から利用方法まで余すところなく解説していきます。

Seesaaドロップシッピングが満を持してスタート!

 シーサー株式会社が運営するドロップシッピングサービス「SeesaaDS」は、2007年10月にローンチしたばかりの新しいサービスです。

サービス名 SeesaaDSSeesaaドロップシッピング)
URL http://ds.seesaa.jp/
運営会社 シーサー株式会社
審査 無し(セラー登録後、利用規約違反がある場合にメールで通知し、指定期間内に修正が確認できなければアカウント削除)
商品点数 約25万~30万点(200710月中調査)
DSPタイプ 仲介型(DSPタイプについてはこちら
利用料金 売上があがった場合にのみ、粗利(=販売価格-卸値)の20%をシステム利用料として課金。
販売主体 DSP
返品対応 DSP
価格決定権 セラー
オークション出品 可能(オークション運営会社の利用規約に基づく)


 商品点数は、約25~30万点とドロップシッピング業界でも最大級の取り扱い商品数となっています。商品数については、今後も提携サプライヤーとのシステム連携強化及び自社営業によるサプライヤー&メーカーの獲得により徐々に商品店数を増やしていく予定です。

 利用料金については、売上が発生した場合にのみシステム利用料が課金される仕組みになっており、システムの利用及び販売をするにあたって特に費用は発生しません。そのため、イニシャルコスト(初期費用)を抑えた形で商品販売業へ参入することが可能となっています。

 また、販売主体はSeesaaDS(運営元:シーサー株式会社)が主体となっているため、セラー自身の個人情報(特定商取引法に基づく表示)を商品販売の際に掲載する必要がありません。そのため、アフィリエイトライクなサービスとして活用することができます。

 それ以外の特徴としては、Seesaaが展開しているSeesaaブログ・Seesaaショッピングといった各サービスを無料で利用することができるので、セルスペース(商品を販売するための媒体)探しに困ることが無いようになっています。また、SeesaaDS独自の「直接販売機能」といったツールがあり、この機能を活用することでリアル店舗&オークションを使っての販売も可能となっています(直接販売機能の詳細についてはこちら)。

 SeesaaDSでは、現在セラー登録した方を対象にSeesaaDS公式本をプレゼントするキャンペーンを行っています。抽選で毎月100名に当たるので、セラー登録する際は是非ご応募ください。キャンペーンのご応募は、セラー登録する際に「応募する」を選択するだけ!

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5