SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、ビッグデータ活用専任組織『OPT Data Science Lab』新設

 オプトは、ビッグデータに関する高度な統計解析や処理技術を研究・開発する専任組織『OPT Data Science Lab』(オプト データ サイエンス ラボ)を12月1日に新設した。所長には齊藤秀氏、副所長には西山直樹氏が就任する。なお、齊藤氏はオプトCAO(Chief Analytics Officer)にも就任し、オプトグループ全体のデータ関連資産(データ、分析技術・ノウハウ等)の利活用の総責任者として、事業推進に取組む。

 インターネットから実店舗まで、顧客とのあらゆる接触機会において、膨大で多種多様なデータが生成されており、マーケティング市場からビッグデータを活用した総合的で効果的なマーケティング施策が求められている。

 オプトグループは、クライアント企業の顧客データ資産管理やデータ活用を支援するサービスを展開しており、1.4億ユニークブラウザのweb行動データ、10万人のアクセスログデータ、Twitterの全ツイートデータ、日本最大の共通ポイントサービスTポイント会員データ等、大量なデータへアクセスができ、ビッグデータ活用によるマーケティング最適化を可能にするノウハウと事業資産を保有している。このような背景から、今回の取り組みに至った。

 『OPT Data Science Lab』は、オプトグループが提供するeマーケティングサービスに関するデータ分析技術の研究開発を行い、サービスレベル向上を推進する。加えて、グループ内外のデータやマーケティング領域外のデータ分析技術を積極活用し、新たなサービス・ソリューションの創出を目指す。また、産学・産産連携活動やオープンイノベーションの積極活用により技術力を強化していく。

【関連記事】
一般企業と広告代理店で異なるビッグデータ活用への期待【CCCxMarkeZineコラボ調査】
リクナビ、ビッグデータ解析でオススメ企業のレコメンドを強化
大日本印刷、「価値観クラスター」とビッグデータを組み合わせたサービスを来年1月スタート
SAPジャパンとブレインパッド、KXEN社買収後のビッグデータアナリティクス分野で協業
オプトがネットリサーチ事業開始、アイオイクス、ボーダーズと提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング