SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂など、スマホx電子レシート実証実験スタート

 生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合(以下、コープ東北サンネット)と東芝テックと博報堂は、「みやぎ生活協同組合」店舗において、レシートのデータを瞬時にデータ化して管理することができる「スマートレシート」及びそれを販促キャンペーンに活用した「電子購買証明サービス」の実証実験を開始する。レシートと販促キャンペーンの全てをデータで管理する。実証実験期間は、2014年1月22日から同年3月25日までの予定。

スマートレシートを活用したキャンペーン応募フロー

 東芝テックが開発したスマートレシートは、事前に利用登録することで、従来は紙で出力されていたレシートが買物客のスマートフォンに瞬時に表示される技術。また、東芝テックと博報堂が共同開発した電子購買証明サービスは、対象商品を購入した際に、買物客が自分のスマートフォン画面に表示されるアイコンをクリックするだけで応募でき、従来の販促キャンペーンに必要だった応募ハガキやシールなどの資源が削減できる。

電子購買証明サービスにおけるデータの流れ

 なお、顧客の電子レシートデータは、セキュアな通信にて東芝テックのデータセンター内で暗号化し管理する。

【関連記事】
100万DL突破家計簿アプリ「ReceReco」、「マネーフォワード」「MoneyLook」とデータ連携へ
クックパッド、「特売情報」サービスを家計簿サービス「Zaim」と連携
GMOサーチテリア、スマホアプリ向けにインタースティシャル広告を提供開始
サイバーエージェント、「スマホアドフォーマット研究所」設立
プラザスタイル、紙のポイントカードをスマホアプリ「O2O型会員証」に移行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング