MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アプリ戦国時代に生き残るためのアプリプロモーション戦術とは?レビューメディアが秘める価値に迫る

2014/01/23 11:00

 「LINE」「パズル&ドラゴンズ」「Gunosy」……多くの人がその存在を知るアプリだ。それらに次ぐ新たなアプリを生み出そうと、膨大な数のアプリが日々開発されている。そして、そのアプリを成功させる鍵を握るのがプロモーションだ。アプリデベロッパーが向き合っている課題とその解決法について、有力メディアへ一括アプローチできる「Applis(アプリス)」を運営するバリューコマースの神谷氏と小林氏、そしてアプリレビューメディア「Appliv(アプリヴ)」を運営するヴォラーレの高階氏にお話をうかがった。

アプリ成功のカギはプロモーション

 電車の中でスマートフォンを触っている光景が定着しつつある今日、その国内普及率は約50%に迫っている(IDC調査/2013年6月時点)。生活者のスマートフォン利用時間は今後も増えていくことから、スマートフォン時代の新たなメディアであるアプリの数も飛躍的に増加している。市場にアプリが溢れている中で、開発したアプリを成功させるためには、リリース後のプロモーションがその鍵となる。

 アプリプロモーションの主流は、いわゆるリワード広告に代表されるインセンティブプロモーションだ。ユーザーはアプリをインストールすることで、媒体からポイント等のインセンティブが付与されるため、成約につながりやすく、短期間にインストール数を集めることができる。

バリューコマース株式会社 営業本部 コンサルティング部 第1チーム 神谷真輔氏

 「WEBでも、インセンティブを用いた広告は典型的手法です。その一方でiOSアプリでは、App Storeのランキングロジックの重要指標が、直近の一定期間内のアプリインストール数のため、リワード広告との親和性が特に高いです。リワード広告でスピーディーにインストールをかき集めて、App Storeのランキングを上げます。そして、そのランキングを見て自然流入してきた質の高いユーザーを獲得します。この流れが、少し前までのアプリプロモーションでは主流でした」(神谷氏) 

アプリプロモーションの新トレンド

 しかし今日においては、リワード広告、リスティング、アドネットワークなどのプロモーションだけでなく、メディアにレビュー記事が取り上げられるといった、PR的なノンインセンティブプロモーションが欠かせなくなっているという。アプリ数の増加に起因して、インセンティブプロモーションのコストが増加していることからも、バランスよく双方の施策を組み合わせていく重要性が増している。

 このような背景を受け、バリューコマースは2012年9月から、アプリデベロッパーがノンインセンティブプロモーションに活用できる「Applis(アプリス)」を提供している。Applisは、スマートフォンやタブレットのアプリのレビューを、「CNET JAPAN」「meet i」「Appliv」「オクトバ」等の約60のメディアへ一括依頼できるサービスである。登録数は順調に増加しており、デベロッパーの数は1月中に2,000を超える見込みだ。

 「今やアプリのKPIは、インストール数やCPI(Cost Per Install)だけでなく、DAU(Daily Active Users)を重視するようになってきています。無料アプリの広告収益モデルは言うまでもありませんが、ユーザーが継続的にアプリを利用する中で課金が発生するフリーミアムな収益モデルにおいても、インストール数が多くても、リピート率やアクティブ率が伸びない場合、十分な収益が期待できないためです。

 また、全世界のアプリユーザー数が飛躍的に伸びて、アプリの平均ダウンロード数が上がっています。そのため、必然的にApp Storeのランクインに必要なダウンロード数も増えています。以前はリワード施策のインストール数に対して、自然インストール数は5~10倍の数値が見込めましたが、現在はほぼ1対1が相場になっています。これらの理由から、現在ではインセンティブプロモーションをメインに据えながらも、並行してノンインセンティブプロモーションを行い、質の高いユーザーを積極的に獲得していくトレンドが広まっています」(高階氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5