SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通、電通メディア・フィリピン/ポスタースコープ・フィリピン設立~フィリピンでの事業拡大へ

 電通は、フィリピンにおける事業の更なる拡大に向けて、新たに電通メディア・フィリピン(Dentsu Media Philippines)とポスタースコープ・フィリピン(Posterscope Philippines)を設立し、営業を開始した。

 電通メディアは、デジタル領域を含む、メディア領域全般を扱うネットワークであり、現在、アジアを中心に13か国・地域の18都市に20の拠点を展開。電通メディア・フィリピンは、同社グループのフィリピンにおける主要拠点である電通フィリピンのメディア部門を事業ブランドとして独立させ、その機能を更に強化するもの。デジタルを含むメディア領域を中心に、戦略立案、コミュニケーションプランニング、調査・分析、コンテンツ開発、メディアバイイングのすべてを一貫して行い、成長著しい同国の広告市場において事業の拡大を目指す。

 一方、ポスタースコープは、全世界30か国・地域の48都市に48の拠点を展開するOOH(Out of Home Media)を専門とする同社グループのエージェンシー。独自のOOHへの消費者接触データシステムをベースに、ROI(投資収益率)分析に基づく、効率的なOOHの提案を行う。フィリピンでは、OOHはテレビに次ぐ媒体シェアがあり、そのパイの獲得を目指す。

【関連記事】
博報堂、タイに「博報堂生活総合研究所アセアン」設立~アセアン市場での競争力向上へ
アジア太平洋&日本でクリック単価上昇、日本ではモバイルが後押し
電通テック、マレーシアとタイに新会社設立~アジア地域におけるプロモーション事業拡大へ
D2C、タイ・MCFIVA社と資本業務提携~アジア地域におけるの事業展開強化へ
電通とツインプラネット、アジアで女子向けマーケティング支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/04 10:45 https://markezine.jp/article/detail/19386

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング