SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2013年ネット動画広告市場規模は132億円、2017年には640億円まで拡大する見込み【シード・プランニング調査】

 近年、PCやタブレット端末、スマートフォンなどを通したインターネットでの動画視聴は拡大を続けている。動画共有サイトの視聴は定着化し、また有料VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスの利用も増えるなど、ユーザーの動画視聴時間は増え続けている。

 一方で、企業のマーケティング活動においては、自社サイトやECサイト、ソーシャルメディアを介して、インターネット動画を活用した商品・サービスの紹介をする取り組みも増えつつあり、動画を活用したインターネット広告出稿への関心が高まっている。

 シード・プランニングは、このように急速な需要拡大が見込まれるインターネット動画広告に関する現状動向を調査し、2017年までの市場規模の予測を行った。

本調査で対象とするインターネット動画広告は、インストリーム広告と呼ばれる、インターネットを介して提供される動画コンテンツの前後、あるいは中間に挿入されて一定時間表示される動画の広告とする。

インターネット動画広告市場規模

 国内のインターネット動画広告市場は、2013年には132億円となり、前年(40億円)の3倍以上の規模に拡大。インターネット広告市場全体(同社推定:6,576億円)に占める動画広告構成比は2%に。

 米国インターネット広告市場においては、2013年上半期(1~6月期)における動画広告のインターネット広告市場全体に占める構成比は7%といわれており、国内インターネット広告市場においても動画広告の高い潜在性が見込まれる。

インターネット動画広告市場規模

 そして、国内のインターネット動画広告市場は、2017年には640億円にまで拡大し、インターネット広告市場全体(同社推定:9,306億円)に占める動画広告構成比は6.9%まで増加すると予測した。

【調査概要】
調査対象:インターネット広告業界各社
調査方法:訪問取材及びオープンデータ調査
調査期間:2013年10月~2014年3月

【関連記事】
共同通信社、動画ニュースリリース制作サービス開始
日本テレビ、Huluの日本市場向け事業を承継~今春より定額制動画配信事業へ参入
博報堂とDAC、スマートテレビホーム画面上における動画広告配信サービス開始
キュレーションマガジン「Antenna」、ネイティブ動画広告サービスリリース
トレンダーズ、バリュープレスと提携~動画プレスリリース配信サービス開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/10 12:30 https://markezine.jp/article/detail/19426

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング