SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

購買履歴×プロファイリング情報で拓ける新たな視界
ビッグデータから「ビジネスに使える“発見”」を得るために必要なこととは?

 「ビッグデータ」という言葉が浸透してしばらく経つが、「ビジネスに使える“発見”」を得られている企業はどれだけあるだろうか。市場調査サービスを提供する側のインテージ、そしてビッグデータをビジネスに役立てる側のアサヒビール、それぞれの担当者がビッグデータ活用の現状を語る。

いま、市場調査サービス会社に求められているのは「発見の提供」

MarkeZine編集部(以下、編): 「ビッグデータ」という言葉が広まり、さまざまな取り組みが事例として紹介されるようになってきました。ビッグデータ解析をめぐる現状について、どのようにお考えでしょうか。

インテージ片桐氏(以下、片桐):われわれのような会社にとって、求められる役割が「調査によって必要なデータを集めてきて顧客企業に渡す」ことや、「データを使い仮説の検証や事象の定量化する」ことから、「データという資産を有効活用し、販売促進の改善などに“役立つ“発見へとクライアント企業を導く」ことへと変化してきたように感じます。

アサヒビール株式会社 マーケティング本部 マーケティング第二部 担当課長 元田済氏 株式会社インテージ MI本部 O2O企画部副部長 チーフアナリティックプランナー 片桐優氏
アサヒビール株式会社 マーケティング本部
マーケティング第二部 担当課長 元田済氏(左)
株式会社インテージ MI本部 O2O企画部副部長
チーフアナリティックプランナー 片桐優氏(右)

アサヒビール 元田氏(以下、元田): 確かに昔と比べて、データを集めることは簡単になっていますね。そうなると片桐さんの仰るとおり、事業会社としては「様々なデータを使って、新しい“発見を得る”」ため、データを分析する新しい切り口を教えていただきたくなります。その点、インテージさんはデータから生活者の意識を読み取り、さらに先の展開を仮説立てするところに長けています。

 当社もこれまでに、さまざまな有益な情報を提供いただいてきました。インテージさんは、いろいろと議論・相談しながらデータ分析のやり方を一緒に考えていける、信頼できるパートナーですね。それだけでなく、データ分析や仮説立ての基盤になる市場データを、自社でしっかりと保有しているところにも魅力を感じます。当社も市場シェアを把握する目的などで、インテージの全国個人消費者パネル調査「SCI-personal」を利用しています。

SCI-personalとは

 全国5万人の男女の個人モニターから、日々購入する食品・飲料・日用雑貨品・医薬品の購買データを収集した市場動向のトラッキングサービス。次の特徴がある。

  • モニターへのアンケートで調べた「健康意識」などの価値観といったプロファイリングデータと、
    購買データを組み合わせて分析できる
  • 商品バーコードレベルで購買データを保持する
  • 2011年からデータが蓄積されており、時系列でさかのぼって分析することも可能

次のページ
購買データ×プロファイリングデータの分析で浮かび上がった意外な事実

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/19477

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング