SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本IBM、ビッグデータから価値を抽出するビジネス・コンサルティングを強化

 日本IBMは今年2月、「ストラテジー&アナリティクス」部門を発足させ、「戦略コンサルティング・サービス」とアナリティクス関連のソリューションを提供してきた「ビジネス・アナリティクス&オプティマイゼーション」を統合。さらに4月から、「市場と顧客」「オペレーションとサプライチェーン」「ファイナンス」「組織と人材」「テクノロジー」の5つのドメインにおいて、戦略策定および企業変革のコンサルティング、アナリティクス・ソリューション、ビッグデータ基盤の構築を統合した価値として訴求する。

 また、グローバルで、コンサルティング・コンセプト、ソリューションおよび産業別の事例を共有し、そこから日本企業にとって意味のあるもの抽出。日本での知見を加えて、日本の顧客の競争力の向上に貢献するサービスを展開する。

 IBMおよび日本IBMがまとめた「グローバル経営層スタディー2013 ジャパン・レポート」によると、事業戦略と統合したデジタル戦略を有するという回答がグローバル全体で36%に対し、日本は24%と低くなっている。また、日本の経営者の51%がデジタル戦略自体を策定していないと回答。今回発足した「ストラテジー&アナリティクス」では、これらの背景を踏まえ、日本企業の競争力優位に貢献できるビジネス・コンサルティング・サービスを推進する。

【関連記事】
「無印良品ネットストア」と「MUJI passport」のビッグデータ分析に「トレジャーデータサービス」採用
日立、デンマークにビッグデータラボ設立
アライドアーキテクツ、メタデータと資本・業務提携
JR東日本、Suicaデータの社外提供は引き続き「見合わせ」
SAPとSASが提携、リアルタイムエンタープライズ強化を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング