SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第72号(2021年12月号)
特集『マーケターの「これから」を話そう』

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マーケッターが最も利用するニュースアプリは「日本経済新聞電子版」、マーケ・広報担当者の情報収集ツールはこれだ!

 ジャストシステムは、企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している、全国の20代~60代の男女235名に、「マーケティングトレンドに関する調査」を実施した。

 その結果、37.4%のマーケッターが「ニュースアプリを利用」し、マーケッターに最も多く利用されているニュースアプリは「日本経済新聞電子版」(46.6%)となった。ニュースキュレーションアプリも台頭しており、「Antenna」「SmartNews」はそれぞれ27.3%、「Gunosy」は22.7%のマーケッターが利用している。

 また、動画プロモーションについて11.5%が「非常に興味がある」、30.6%が「興味がある」と回答。動画プロモーションに興味があるマーケッターに対し、会社での動画プロモーションに関する状況を聞いたところ、「実施している」「実施を検討している」がともに26.0%で、5割以上のマーケッターが動画プロモーションに前向きであることが明らかになった。

 マーケッターが今、最も注目しているマーケティングキーワードは「ビッグデータ」(19.1%)、続いて「ウェアラブルデバイス」(13.2%)。話題の「3Dプロジェクションマッピング」は11.1%、「動画プロモーション」は9.8%となった。

 また、最も注目しているWebサービスは「位置情報系サービス」(13.6%)で、「画像・動画系サービス」(12.3%)が続いた。「最も注目している」と「やや注目している」の合算では、「EC系サービス」と「位置情報系サービス」がともに40.0%と、半数近くのマーケッターが注目している。

 また、43.4%のマーケッターが、何らかのRSSリーダーを使って情報収集をしている。最も利用されているRSSリーダーは「MyYahoo!」(11.1%)で、次いで「Feedly」(7.7%)となった。

【調査概要】
調査期間 :2014年3月11日(火)~2014年3月13日(水)
調査対象 :セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を使った事前調査で「企画、マーケティング、広報、販売促進、市場調査・分析(リサーチ)の職種に従事している」と回答した全国の20代~60代の男女235名

【関連記事】
ニュース閲覧アプリ「SmartNews」、300万ダウンロード達成
KDDI、グノシーへの資本参加・業務提携を発表
キュレーションマガジン「Antenna」、ネイティブ動画広告サービスリリース
cci、「Flipboard」日本版でキュレーションアドを販売
2012年度の有力企業の広告宣伝費、前年度比4.65%増【日経広告研究所調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/03/26 17:30 https://markezine.jp/article/detail/19544

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング