SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

popIn、記事コンテンツの新たな評価指標「READ」をリリース

 この度リリースされた「READ」は、読者ごとの記事の読了度合いを測定し、集計・解析することで記事の読了状況を可視化する技術。

 現在、多くのニュースメディアでは、記事のPVや滞在時間などの指標でユーザー行動を分析し、サイトや記事コンテンツの改善・評価を行なっている。しかし従来の指標では、各ユーザーが記事コンテンツを熟読したのか、流し見したのかという読了状況の把握は難しい。「READ」はこうした課題を解決する。

 「READ」は各構成要素に合わせて適切な読了条件を設定でき、ブラウザ上で未表示の記事部分を読了計算の対象外にするなど、正確な読者の読了状況が把握可能。

本文領域を特定し、画像とテキストに分けて認識する
本文領域を特定し、画像とテキストに分けて認識する

 本技術により、記事毎に「熟読層」「閲覧層」「流し見層」の割合を可視化することができる。そのため、「熟読層」の多い記事の良い点を「流し見層」の多い記事にフィードバックすることで記事制作の改善をすることも可能。メディアやコンテンツマーケティングに取り組む企業の効果測定や改善への活用に期待できる。

読了データ集計イメージ
読了データ集計イメージ

【関連記事】
イノーバ、アイレップと「ザ・コンテンツマーケティング・ドットコム」オープン
ビデオリサーチ、テレビとメディアを応援する新雑誌『Synapse』創刊
ブログを活用してオウンドメディアを構築!「はてなブログMedia」リリース
グライダーアソシエイツ「Antenna」、スマホ向けECサービス『Antenna ショッピング』スタート~メディアの記事を読む延長で商品購入が可能に
popIn、ネイティブ広告対応コンテンツ発見プラットフォーム「DiscoveryPlus」リリース~フリークアウトのDSPとの統合も視野に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/04/03 08:00 https://markezine.jp/article/detail/19602

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング